らーめん食べ歩き 
 ラーメンヨシベー錦糸町店@東京都墨田区・錦糸町

入らないとこだわり度の判り難いお店?
2004.05 ヨシベー(とんこつ)塩チャーシュー

2004.05 中華そば(正油)

2004.05 とんこつお魚ラーメン


アクセス

JR総武本線錦糸町駅南口下車。目の前の大通りの国道14号を右に曲がり数分歩いた右側。
墨田区江東橋2-16-9
定休日 年中無休
営業時間 11:00〜23:00(金〜24:00)


残業で、会社から軽食が出たが物足りず、会社帰り、またこちらの店頭に立つ。券売機を見ていると、色々とメニューが豊富なのに気付かされる。まるでおもちゃ箱を覗いている気にさせてくれる。

とんこつお魚ラーメン680円というのがあり、そのボタンを押し店内へ入る。先日と同じ、可愛いカウンタ席に着席。券を渡し、細麺でお願いする。程なく到着。

やや硬い麺だが、なかなか気に入った麺であった。何とも言い難い白濁豚骨のスープに、魚味の焦がしラードが入る。総括的に言って、油感もまずまずで、味的にも良いし、麺もやはり良い。

今回は店主がおられなかったので、目の前におられた方にお聞きすると、以前おられた方はやはり八千代のお店を立ち上げた方で、ヨシベーの総指揮の方であった。

(2004.05.06)


以前、こちらの千葉県八千代市にあるお店の事を知り、いつか行きたいと思っていたら、通勤途中駅に支店が出来た事を知った。

ああ、いつでも行けると思ったら、すっかり忘れてしまい、某掲示板に店名が出て思い出し、今回の入店となった。会社帰り、いつもの総武線電車に乗り、錦糸町駅に到着する。あと何年かすると秋葉原にも出現する某大型量販店を横目に店頭に到着した。

店内はかなりのレトロな演出。看板までちゃんと古臭い演出をしていた。可愛いポストがまた良い。券売機で、とんこつ塩らしいヨシベー塩ラーメンに、チャーシュー追加券を買い店内へと入る。とにかくレトロに終始していた。

突き当たりに小さいカウンタ席があり、そちらに腰を落ち着け、店内を眺め渡す。すぐにお店の方がやって来て、「麺は太麺と細麺が選べますが」との事。そこは太麺をお願いした。程なく到着。

マー油が浮いているかと思ったら、大量のネギを使った香味油だそうで、白濁豚骨の良い所がさりげなく出て香味油もあってなかなかの独特感もあり良かった。

もう一杯行っておくかと、おもむろに席を立ち、「ありがとうございました〜」の合唱を聴きつつも、券売機で正油味の中華そばの券を買いUターン。誰一人、「いらっしゃいませ」の挨拶が無いのは何故?と思いつつ着席。今度は麺を細麺でお願いした。程なく到着。

正油味は個性がある様で、無い様な比較的万人向けな味つけ。軽く焦がしネギ油が浮くが少量なのであっさりな醤油味であった。それに対して麺は、やや生煮えの感があるものの(・・・)、こだわり高い仕様で、なかなか。店主が来られたのでお聞きすると、細麺は山田製麺、太麺は林家製麺と言う事だそう。

「細麺は卵をつなぎに使っているのですが好みが大きく分かれる様で・・・」との事であった。あっさり醤油が比較的地味に落ち着いている事を申し上げると、「わざとそうしてレトロっぽくしているんです。大量のあさりを使用しています」との事であった。

「あっさり醤油に、あさり?それ、ギャグですか?」と言う勇気も無く、お店を後にしたのであった。なお、千葉県佐倉市に「みろべー」とはいうお店があるが関係は無いそうで、店名は何となく決めたらしい。

(2004.05.02)


喜劇らーめん食べ歩きTOP