らーめん食べ歩き 
 ラーメン雲水@千葉県松戸市・松戸 ※閉店

2006.07 川に囲まれた区域のお店。
2006.07 醤油と塩の二本立て。

2006.07 醤油らーめん

2006.07 杏仁豆腐


アクセス JR常磐線松戸駅西口下車。徒歩およそ10分、松戸市松戸2026。
定休日 第2・4金曜日
営業時間 11:30〜14:30/17:00〜24:00


梅雨の明けない、午前中から既に暑い、七月の火曜日。先月初めにオープンした、こちらへそろそろ行って見ようという気になり、バスでJR松戸駅に出る。

場所はDマート脇の道を進み、坂川の橋を越え、少し歩いた所。繁華街から離れた、閑静ながらアクセスの良い場所だが、まず縁の無い川に挟まれた区域。ネットで地図を印刷して、それを頼りに到着。

「さっぱりで美味しい」と小さく書かれた、店看板が大きく目立っていた。店名だけ見ると、仙人の様な初老の店主が営業していそうだが、中に入ると驚くほど若そうな店主が、広い店内の厨房にポツンとおられた。

まだ開店まもない時間で、広いだけに冷房が追いついて無く暑い店内。醤油らーめんをお願いする。程なく到着。

おお、煮干しに鰹からダシを取ったと判り易くインフォされ、魚介風味の色濃い醤油ラーメン。まずまずの旨みで丸い味わいが良い。煮干しは頭を取った感じで、鰹がズバッと来て、どちらかと言えば個性は少ない魚介スープだった。

麺は中細の加水やや低めの浅草開化楼の麺で、大変良く合っていた。香味油が多めに投入されていたが、意外な程さっぱりしているのが面白い。自家製っぽい杏仁豆腐があったので、これも食して見たが、これも食感良く美味しかった。

若い店主は、北千住の方のラーメン店で修行されたそう。店名が店名だけに、所を定めず遍歴修行のある禅僧の様にしたのかは定かでは無い。行方の定まらないラーメンの提供で行くのかも、だった。

店名の「雲水」にはそうした意味合い等が感じ取れる。塩らーめんもあったが次回にお預けして、精算してお店を後にした。人は時に、雲と水の様に、彷徨う時期があるのかも知れない。いや、良かった。

(2006.07.11)


喜劇らーめん食べ歩きTOP