梅の家 長野・中軽井沢

比較的早い午前中から、エアーコンディショナーの電源を入れてしまう程に、今日も厳しい残暑の八月中旬の金曜日だった。やはり毎年この頃が、一番の暑さを感じる、通年だったりする。一昨日、何気なくネットサーフィンしていて、ふと見つけた某ブログサイト様の画像に釘付けになった私がいた。軽井沢に、竹岡らーめん店・・・。しかも、限定で、二郎系・・・。







そんな訳で(おいおい)、軽井沢に日帰りで行く事を、昨日の午前中に決めた。レンタカー店に電話すると、ガソリン料金高騰もあってか、すんなりと希望車種が予約出来た。

せっかくだし、しなの鉄道の切符を中軽井沢駅で手に入れ、前から行って見たかった、横川駅近くに在る碓氷峠鉄道文化むらにも出掛ける事にした(そこはやはり、鉄オタ)。

午前八時にレンタカーの手続きを済ませて出発。快晴の中、外環を一路車を走らせた。さすがお盆休みで、大泉JCや上越道に軽井沢周辺で所々渋滞に遭遇し、結局こちらへ到着したのが、ちょうど正午頃だった。

周辺は別荘や観光地がそう遠くないものの、そうしたエリアとは違い、中軽井沢駅から歩いても近い所だが、人通りはそれ程でも無く、こんな場所にあるのかな?とイメージして来て見ると、ちょっと意外に感じる場所にあった。

駐車場が辺りに見つからず、こちらに専用パーキングがあると言う情報をネットで知ったので、レンタカーのまま店頭に乗り付け、店主にその場所をお聞きして車をそこに入れて入店。付近の常連さんがお二人おられ、天井には竹スダレが敷き詰められ、心が思わず和むそんな雰囲気の店内が広がっていた。

右手にカウンター席があり、そこには常連さんがおられたので、左手にあったテーブル席に嫁さんと二人して腰掛けた。通常のラーメンでも、チャーシューがどえらく乗っている情報もあったので、その事をさりげなく確認しつつ、私はわんたんらーめんで、嫁さんは味玉らーめんにした。

店主はこちらの方だそうで、以前に千葉の富士屋さんと言う竹岡ラーメンを提供するお店に勤務していたそうで、そんな経緯からこちらで竹岡系のラーメンで営業しているそう。ちなみにメニューに梅割りは無かったが、店内を漂う醤油の香りは、かなり梅乃家さんに近いものがあった。

天井近くの壁には、限定のラーメンも数多く紹介されており、その中でひときわ目を引いたのが、絆された画像の、夜のみ5食限定の「二郎系」Wチャーシューニンニクのせ850円で、お聞きしてみると、かなりの自信作だそう。

最近まで軽井沢にあった人気店のロコさんは、塩尻に移転しまった事など、世間話しに随分と花が咲き、こちら周辺でラーメンを食べ歩いている方が後から来られ、店主にご紹介頂き、思わずそこは御挨拶。ふと反対側の壁を見ると、残念にも最近急逝されてしまった、武内伸氏の似顔絵入りの色紙があった。程なく到着。

おおおおおおお、いやいやいやいや、もう凄いオーラが放たれているラーメンで、見るからに旨そうなビジュアル。それがまた竹岡しているから、千葉県人としてはたまらないもの。海の前で提供される竹岡ラーメンが、巡り巡って軽井沢と言う別荘地帯で見るとは、これぞまさに想定外と言う感じ。

それではと行かせて貰えば、もう加速装置(009か)。さあ旨い旨い旨い旨い旨い旨い、いやいや、もう旨い旨い旨い旨い旨い旨い。

豚骨鶏ガラに醤油が濃そうで、そうでも無く、二郎系限定の話題を投げて、二郎的な脂を多めにおすそ分けして頂いたのかいつもなのか、これが何とも二郎的であり、もちろん竹岡の息吹も十二分にあり、これぞ竹岡二郎と言い放ちたいラーメンで、刻みタマネギがまた新鮮みも高い感じに、旨さが何ともガッツンガッツンと来る感動領域。

麺は三種類の太さの麺が入っており、これがもう、またまた良く、カン水を控えめにした分コシはやや大人しいものの、玉子をつなぎで使った感じのプリプリ感が素敵なもので、太さの違う麺を一度に楽しむ面白さがこれ程良いとは思わなかった。そこにチャーシューがもう、これがどえらく旨く、ワンタンもこれまた、とても良かった。

気が付けば完食。さすが勢いのある、長野県のラーメン店で、おそるべし長野県と言えた。小諸に、こちらの流れの麺喰亭と言うお店もある様。

旨さを示す、剛速球の唸り音が、高原の入道雲にこだました。

(左フォト) わんたんらーめん/味玉らーめん/店頭外観 (2008.08.15)


 ちゃーしゅーらーめん 梅の家 (うめのや)    定休日:火曜日

 住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉2989-1   営業時間:11:30〜15:00/17:00〜23:00

 アクセス:しなの鉄道中軽井沢駅下車。改札口前の道を左手に、ずっと進んで行った左側。
       徒歩およそ五分程度。


     
天井は竹すだれが、敷き詰められていた。 夜のみ限定5食の、「二郎系」らーめん。 千葉・松戸からお盆渋滞で4時間の道のり。 鉄道文化むらの、英国製SL牽引列車。


喜劇らーめん食べ歩きTOP