うだつ食堂 東京・早稲田







向日葵が黄色い大輪の花を咲かせる横で、落ち葉が秋風にたなびいて秋の深まりを知らせ、顔を洗う水の冷たさに秋分がまもない事を気付かされた、九月中旬シルバーウィーク前日の金曜日だった。

そんな今日は都の西北、早稲田へ営業回り。大学があるのもあってか、多くの外食店が立ち並ぶ周辺だ。そんな中からランチは、こちらへ入店する事にした。

先日実は本屋でワンツーマガジン社発行の「東京圏のご当地ラーメン」なる書籍を見つけて思わず購入した。

東京圏に点在する日本各地から集まった、ご当地ラーメンを口に出来るお店が80軒紹介されていた。

こちらもそんな一店舗で、四国・徳島で生まれた薄めの豚骨醤油に、甘辛の濃い醤油で味付けされた薄バラ肉と茹でモヤシが入り、生玉子が中央に落とされたいわゆる徳島ラーメンがウリのお店だ。

以前から行きたいと思っていたお店で、またラーメン本から思い出してその気になった次第で、店頭には午後一時過ぎに到着した。

その店頭には徳島線に実際にある阿波半田駅の模造の駅名標が立ち、また雨を凌ぐ純和風な瓦屋根もあり、情緒を豊かにしていた。

その瓦屋根の左上には、その阿波半田駅周辺の街並みで見受けられ、こちらの店名にもなっている土蔵造りの家屋に見られる隣家の火事の延焼から逃れる為の防火壁である「うだつ」もしっかりと建っていた。

そんな「うだつ」を見上げながら中へ入って行くと、阿波半田駅であろう木製の時刻表が据え付けられ、「うだつ」を見る事が出来る街並みが沿線にある、JR徳島線の駅名が順番に連なっていた。推測となるが、店主の生まれ故郷あたりなのだろう。

入り口の券売機で肉そばを選び、こちらは別売りとなっている、生玉子のボタンもさらに連打。

徳島ラーメンと言えば生卵だが、不要のニーズもあるのかこちらはオプション販売にしており、あらかじめラーメン本にそうあったのでスムーズにそこは事が運んだ。

そしてチケットをお店の方に手渡す際、券売機にあった大盛り無料のインフォを見逃さず、その旨のお願いをした。左手の席に促され、そこへ腰掛ける。

周囲を見渡すと、徳島県観光ポスターが所狭しと貼られ、毎夏華やかに開催される阿波踊りのPRポスターもちゃんとあり、徳島ムード一色に染まっていた。

ランチタイムで盛況な店内。平成11年に開業したこちららしい。程なく到着。

おお、そのビジュアルは完全無欠の徳島ラーメンで、これは美味しそうだ。徳島ラーメンと言えば、ずいぶん昔にデパートの催事で、一度だけ食した気がする程度だった。

それではと口にすれば、それはもう美味い美味い美味い美味い美味い。甘辛な肉は徳島ならではで、そこに生卵が絡むと本来ならすき焼き感覚だが、意外と豚骨系のラーメンスープがある所為かラーメンとして楽しめるもの。

加水低めのぷっつりと切れる麺が、また風情を醸して良い。青ネギとメンマも多めに入り、紐を辿ればどこか京都・新福菜館のラーメンにも繋がっていそうな気がしてしまう。

世に問われる歴史は政治経済には優しくその詳細も事細かだが、中華そばも含まれるような食文化全てにおいては、計り知れないほど不明な点が多い。

そんな中で、京都・新福菜館と考えられる西日本の中華そばが出来た背景を察すると、新橋〜神戸間は既に明治22年には開通しており、来々軒が明治43年に浅草に出来る前から、横浜中華街と神戸中華街の影響を受けていた筈と思える。

そんな所から京都辺りより西は、そんなラーメンが進化したものが多いのではないだろうか。

余談となるがそんな意味では、京都・新福菜館系のラーメンが長崎新地の中華街のチャンポンと出会い、久留米ラーメンとなり長浜ラーメンとなって行ったように推測するのも面白い。閑話休題。

さて、大盛りの麺量もなかなか良かったものの、徳島の息吹に触れた事もあり、そこは気が付けば完食だった。

四国と言えば未だ本州から四国に橋が掛かってない頃、岡山県宇野駅から国鉄宇高連絡船に乗船して、夜明けの高松駅に降り立ち、当時の四国を鉄道で一周した事があった。

色々とあった一人旅だったが、その時に徳島県内でした事と言えば、当時からあった筈のそんな美味しいラーメンの存在も知らずに、学駅でへ行って駅舎を撮影して、地紋入りA型硬券の入場券を三枚買った事くらいだった。

うだつが上がる程に美味しい、徳島ラーメンここにありだった。いやいやいやいやいや、今日も良かった美味かった。

(左フォト) 肉そば+生玉子/拡大画像/店内ポスター/店舗外観 (2009.09.18)


 阿波徳島中華そば うだつ食堂

 住所:東京都新宿区西早稲田1-11-1草間コーポ1F

 定休日:不定休  営業時間:11:30〜翌3:00 ※日曜祝日〜22:00

 アクセス:都電荒川線早稲田電停周辺新目白通り沿いリーガロイヤルホテル東京向かい。東京
       メトロ東西線早稲田駅&有楽町線江戸川橋駅徒歩圏内。



喜劇らーめん食べ歩きTOP