めん徳二代目つじ田 東京・麹町



南風が夏の青葉を揺らしてざわめかせ、変態してまもないアブラゼミの鳴き声が青空からの陽射しに同化していた、それは梅雨明けらしい天候の7月も半ばとなって来た休日の月曜日だった。

お茶の水飯田橋にも支店が出来てそれぞれ訪れたものだが、こちらが当初より営業していた麹町店で、今回訪問目的店より先にこちらへ入店する事にしてみた。

御茶の水には「味噌の章」と言う別味の支店もあったり、最近では海外のバンコクにも支店があるようだ。

そんなわけで麹町駅からは、そう遠くないこちらの店頭へやって来た。まだ正午前で行列が出来ていない店頭だった。それでも人の出入りが多く入り口に設けられていた券売機が休まる事はなかった。

以前訪問した時はラーメンだったので、その小型の券売機で今回は二代目つけめんを選んだ。チケットを手渡すと200gか300gどちらか選択出来るそう。

いつもならば300gと言うところだが、次があったので自重して200gでお願いした。このように麺量を自由に選べるのはここ1〜2年になってからで昔では考えられなかった。

先週店先を通った時には、周辺サラリーマンの方々が作る5人程度の行列が入口から右手へ伸びていたものだった。

店内に入って、空いたカウンター席へ腰を掛ける。以前はカネジンの麺箱だったが、今は三河屋製麺の麺箱が置かれていた。

まもなく後続が続いて満員となって、店頭に行列が出来始めた。振り返るとそんな待ち人が居て、その向こうには陽炎さえ見えそうな眩しい周辺の街並みが見えた。今日も暑くなりそうだ。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、これぞつじ田と言いたくなる味わいがたまらないもの。国産の厳選豚骨と比内地鶏のガラに、ラウス昆布・利尻昆布・日高昆布などが利用されているらしい。

後半になってからスダチや黒胡椒を入れて味の変化を愉しませて頂いた。それはもう、気がつけば麺が消えていた。スープ割りをお願いすれば、これがまた実に美味しいスープ割りと言えた。

外に出ると今日も7人近い行列が出来ていた。いや、とんでもなく、かなり良かった。


(左フォト) 二代目つけめん並盛200g(汁・麺) (2011.07.11)


 めん徳二代目つじ田 麹町店  ※公式サイトはこちら。  ※下記データ(2011.7.11)情報更新

 住所:東京都千代田区平河町1-4-11はらだビル1F  TEL03-3556-5727  定休日:日曜日

 営業時間:平日11:00〜15:00/17:00〜21:00/土祭日11:00〜20:00

 アクセス:東京メトロ有楽町線麹町駅下車。出口1を出たら右手へ進んで次の十字路にあり。



  2011.07.11 目の前には蘊蓄の文字が並ぶ。   2011.07.11 当初より営業していた麹町店。


あともうすぐで今日の仕事も終わりかと思った頃、お得意さんからビデオデッキが映らないと言うクレームが発生。急きょ半蔵門に向かった。多少の調整で大事に至らず済んだ。そこを出てホッとして、時計を見ると午後八時を回っていた。何気なくケータイの「超らーめんナビ」で近くのラーメン店を探すと、300m先にこちらがある事を教えてくれた。何と便利なサイトなんだと感心しつつも、慣れない夜道もあって、やや迷いながらもこちらへ到着。

夜のビジネス街に、和のこじんまりとした佇まい。15年前に閉店してしまった高円寺で名店と呼ばれた「めん徳」の復活と言う事らしい。数人の列に並び、券売機で全部のせらしい、二代目らーめん880円にして入店。少し待ってカウンタ席に着席。店内は、鰹の一番だしの様な香りが漂う。

デカいズンドウが二つ目立っていた。店長さんらしき方が、そのズンドウを大きいシャモジ状のものでかきまぜ、もう一人の方と共にレンゲで味見をする入念さ。丁寧に数杯ずつ作る。

目の前にはカネジンの麺箱があった程なく到着。節の甘み際立つ魚介感に、何とも粘度が高いもののサラリとも来る白濁トンコツで、これは旨い。麺も相性ぴったりで、なかなかの麺。カエシを120%生かした感じのスープ。総括的に感動領域のスープに圧倒されたらーめんであった。

(右フォト) 二代目らーめん(全部のせ) (2004.12.20)





喜劇らーめん食べ歩きTOP