つじ久@千葉県木更津市・貝渕

2006.09 JR木更津駅から徒歩圏内。
2006.09 以前は東京・箱崎にあったお店。

2006.09 テーブルにある何気ないメニュー。

2006.09 ラーメン(味玉サービス有)


アクセス JR内房線木更津駅下車。徒歩およそ15分、木更津市貝渕3-2-3。
定休日 月曜日
営業時間 11:00〜14:00/17:00〜21:00


「千葉」と言えば、流山市や浦安市も入るが、「房総」と言うと、そうとは限らない。そんな千葉県は、房総半島によって成り立っている、関東地方南東部の県。面積5155平方キロメートル、人口約580万人、ラーメン店数 ・・・・・ ま、判る訳が無い(おいおい)。ちなみに北海道は569万人で、78500平方キロメートルだったりする。

そんな訳で、房総半島のラーメンを食したくなり、陽射しがまだ厳しい九月初旬の火曜日、また内房をいざ目指し、今回は千葉ウォーカーで気になっていた、こちらへ出掛ける事にした。

船橋でクロームメッキ色の君津行きに乗車。久留里線の始発駅でもある、木更津駅には午前11時過ぎ到着。海側のロータリーへ出て、線路に並行する道をずっと歩き、途中線路脇の道側に出て店頭へ到着。風が無く、好天で汗が額に滲む。

目の前には内房線の線路がある、小型倉庫をお店にした感じの店舗。9年前に東京・箱崎から移転したらしい。入店すると、左手に囲まれた厨房があり、右手にテーブル席。「奥の方が涼しいのでどうぞ」と促され行くと、板の間の比較的広い座敷席があった。

靴を脱ぐのも面倒だったので、テーブル席の一番奥に身を寄せる。千葉ウォーカーを見て松戸から来た旨を告げた後、メニューからラーメン500円をお願いする。ラーメン以外のメニューも豊富なお店。先客は座敷に三人がおられ、後続は続かず。程なく到着。

遠くから来た所為か、CWの名前を出したお陰がなのか、味玉をサービスしてくれた。粗みじん切りのタマネギの浮くボリュームの高いラーメンのビジュアル。で、これがもう、旨い旨い旨い旨い旨い旨い。

黒胡椒に味わい深い甘味があり、豚の旨みを感じ、タマネギの所為で立派な竹岡系にも思え、麺は信州からこだわりを持って取り寄せているそうで、やや多加水ながら、しなやかなコシを持つ美味しい麺。カツオダシで麺を茹でているらしい。

チャーシューも厚く立派な旨さで、油感がかなり良く品の高い感じがあり、後味感も極上もので、気が付けば完食。ラーメンのセットメニューでは、小鉢料理が沢山提供される様。

以前は日本アイ・ビー・エム本社近くで営業していたそうで、その時はもう少しタマネギを大きめに切って浮かせていたそう。そこは今でも同じ経営者が、喫茶店を営業しているらしい。店名は「つじひさ」と読む。それを特に強調されていた。いや、それにしても、これは旨かった。おそるべし。

(2006.09.05)


喜劇らーめん食べ歩きTOP