らーめん食べ歩き 
 土屋水産@千葉県山武市・蓮沼ロ

2006.09 今日のレンタカーは、トヨタビッツ。
2006.09 焼きハマグリが、ウリのお店。

2006.09 店頭にある、水槽のはまぐり。

2006.09 九十九里ラーメン


アクセス

JR総武本線横芝駅下車。蓮沼循回バスに乗り、東殿下停留所降車して徒歩3分。ホテルガーデンハウスそば、山武市蓮沼ロ(ろ)3015-8。
定休日 不定休
営業時間 9:00〜日没(夏期8:00〜19:00)


夏のあいだ、賑やかだった海水浴場も、今は潮騒が騒がしいだけの浜辺。今はもう九月。専用の駐車場の入口は錆びた鉄格子で閉ざされ、また来年を待つ。そして周辺の町は、静けさを取り戻す。

ラーメンを食べ歩く様になって、ふと思い起こされる事がある。たまに九十九里浜へ行った時、その道路沿いの掘っ建て小屋で、はまぐりを焼いて食したりした。

そんな時に、はまぐりのダシのラーメンも食した記憶がある。たまにそこら辺をネットで調べると、浜辺沿いの食堂や、お土産店が併設する食堂にはあっても、はまぐり出汁のラーメン専門店なんてのは無かった。そんな訳で、九十九里浜と言えば、やっぱりハマグリと言える。

朝方起床すると、空は青く晴れていた。よし、九十九里へ行こう、だった。そう思いつき、何度か利用したレンタカー店に予約を入れてから赴き、トヨタビッツに乗って出発。市川ICに乗るまでは混雑していたが、高速道路に入るとスムーズで、一路九十九里へと向かう。途中幕張PAで一服して、一気に銚子連絡道路の終点の横芝光IC。

後は一般道で、太平洋を目指す。先日ネットで見つけた、こちらのはまぐりラーメンが気になり、お店を探すと本当にもう蓮沼海浜公園にあるホテルガーデンハウスの目の前だった。

「自分で焼くやき蛤の店」とあり、ラーメンの文字は一つも無い。気まぐれに訪れても、ラーメンが提供されている様に見えない、食堂がメインの様な海産物店。目の前の空地に車を止めて入店。店頭には、様々な貝類が入った、桶の様な水槽。多めのテーブル席が整然と並び、コンロが夫々のテーブルにある。

ラーメンは見ると二種あり、あっさり醤油あじと有る「はまぐりラーメン」500円と、それにいわしつみれが入った「九十九里ラーメン」で、具が一つ多い後者の方でお願いした。

店内は季節外れで、周辺のお店が閉まっているのもあってか、若いカップルが一組とゴルフ帰り見たいな5人のグループ客のみ。とは言え、賑やか。程なく到着。

おお、大きいはまぐりが貝殻ごと入り、これは旨そう。いやいや、旨い旨い旨い旨い。スープは、薄味の醤油のカエシで、はまぐりだけで取ったらしいダシがかなり良い。ワカメが都会では考えられない位に、磯の香りがするもの。はまぐりは、やや苦みがあるものの、新鮮そうで大変に美味しい。

いわしつみれも自家製の様で、めちゃくちゃ旨かった。麺はやや多加水やや縮れで、良い喉越しだった。どこか竹岡っぽい感じもあるが、ネギが長ネギでまた違う風情がドンブリにはあった。気が付けば完食。冬でも、はまぐりラーメンが食せる、九十九里浜のお店。いや、これは旨かった。

(2006.09.19)


喜劇らーめん食べ歩きTOP