らーめん食べ歩き 
 らーめん とうかんや@東京都江東区・南砂町

2004.09店名は旧暦10月10日の行事から。
2004.09醤油味玉らーめん


アクセス 東京メトロ東西線南砂町駅下車。丸八通り沿い徒歩約10分、江東区南砂5-21-4。
定休日 日曜・月曜不定
営業時間 11:00〜15:00/18:00〜21:00(土祝11:00〜18:00)


休日と言えば少し遠い街へ出掛け、そこのラーメンを食して文章にする。それは既に小旅行となり、時に知らない街を歩く楽しみも併せ持つ。思えば「出掛けて文章にする」と言う極めて単純な作業を子供の頃からしている。これは自分への、覚え書きでもあるかも知れない。

昨日、自掲示板にお書き込み頂き、行くことに決めたこちらへ向かう。南砂町駅の外に出て、途中から丸八通りになる一本道をひたすら歩く。まだ残暑の続く日々で、汗をかきつつ到着。関連誌から良いイメーのあるお店だが、駅から歩く事もありまだ来ていなかった。

店頭の暖簾には「十日夜」とあり、これで「とうかんや」と読むらしい。店主は、堀切菖蒲園「弁慶」出身だそうで、その店主の田舎の行事の名前らしい。豊作を祝うもので関東周辺の農家では、よく知られているらしい。

券売機があり、醤油味玉らーめんにしてカウンタ席に着席すると、浅草開化楼の麺箱が、どどんと鎮座していたのだった。そ、そーだったのか、である。ランチタイムだったが、特に列がある訳でも無かった。程なく到着。

豚・鶏・魚介、夫々のスープを使っているそうで、生姜の香味油が前面に出たラーメンであった。麺がさすが開化楼と言いたくなるいい感じであった。いい感じの、らーめんであった。

(2004.09.14)


喜劇らーめん食べ歩きTOP