つけめん TETSU 東京・品川





水蒸気が青空を気持ち白くしてその所為か陽射しも淡かった、春分の日の祭日ながら季節は後戻りして寒かった3月後半の火曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、関東は結局春一番の無いまま春分を迎えた午後8時過ぎだった。

先日訪れてこちらのレベルの高さをあらためて痛感した。そう言えばその時アンケートに答えて、大盛無料か味玉が貰えるサービスチケットが手元にある。

そんなわけで濃厚豚骨魚介をつけめんをまたガッツリ行きたくなったこともあって立ち寄ることにした今夜だった。横浜から品川へ行く場合湘南電車に乗車した方が早く到着するだけに、またその電車で品川まで行って下車。

店頭へ到着すれば4人グループ客が、券売機でチケットを購入しているところだった。その方々をやり過ごしてから、券売機の前に立つ。

先日は味玉つけめんを特盛にして、TETSUワールドを堪能させて貰った。同じオーダーでは芸が無いし、さりとて辛いつけめんにすると濃厚豚骨魚介感をたっぷり充足出来ない恐れがある。

そんなところを悩んでいると、野菜つけめんのボタンを見つけてそれを選んだ。その頃には隣りにお店の方が待ち受けていて、券売機チケットを先日貰ったサービスチケットと共に手渡しながら大盛の方でお願いすることにした。そう言えば品川店に初めて来た時これを愉しんでいた。

入店した頃は比較的空いていたが、しばらくすると後続客が続きに続いて、盛況な店内となって行きこれはタイミングが良かったようだ。程なく到着。

野菜は大ぶりの小鉢に入ってやって来た。ゆがいたキャベツとモヤシがたっぷりと入っていた。テーブルにそれを置いてくれたお店の方が「野菜はかき混ぜてからどうぞ」と言ってから立ち去って行った。

それではと行かせて貰えば、それは絶大に美味い濃厚豚骨魚介つけめん。私の心の中にだけ、春一番が吹き荒れるごとくな品川の夜と形容が出来るほど。

しばししてから野菜にも手を伸ばせば、ゴマ油で炒められた野菜に醤油ダレが絡まって来る味わいがタマらないもの。

絶妙な箸休めと言えるもので、つけ汁に野菜を浸すことなくつけめんを愉しんでは野菜を食してを繰り返した。野菜をつけ汁に浸すと、こうした感覚とはならない。

それによって濃厚豚骨魚介つけめんが、永遠に果てしなく堪能できる勢いがあった。また前回は特盛で今回は大盛だったが、野菜盛りの良さに前回と同程度のボリュウムを感じることができた。

大盛だけに焼き石は今回依頼せずにフィニッシュ。ポットのスープをつけ汁の椀に注いで、気がつけば完食だった。いや、実に果てしなくとんでもなく、かなり素敵でとっても良かった。


(左フォト) 野菜つけめん大盛(汁・麺) (2012.03.20)


  2012.03.20 JR品川駅中央改札口付近。   2012.03.20 JR品川駅高輪口を出たらここを左手へ。









昨夜からそぼ降る雨が雨量を増し気温を落として、さらに降り続いていた3月上旬の平日月曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、アスファルトは濡れているものの雨上がりの午後8時過ぎだった。

実は昨夜から魚介つけめんを欲していて、昨日はそのつもりで某店の暖簾を潜ったが、結局ラオタ魂がそれを邪魔してありつけなかった。

こうなるとその気持ちは不思議と増幅して行くもので、完全無欠の魚介つけめんを口にしたくなるばかりの夜だった。

そこで浮かんだのが通勤途中の品川にある品達のこちらで、こちらの店舗は昨年の今頃出来たばかりの三鷹店へ訪れて以来だ。

そんなわけで会社帰り横須賀線電車を品川で途中下車して、品川プリンス側へ出て、前の通りを左手に進んで行き久しぶりに品達へやって来た。

最近ひごもんずさんが卒業して蒙古タンメン中本さんがオープンしたようで、その新店に5人前後の行列が出来ているのが外から見えた。

昨年ひごんもんずの西荻窪本店武蔵小金井店へ訪れただけに品川店の卒業は寂しい限りだった。なお中本さんは蒲田にも出来たばかりで、今後も多店舗展開が続きそう。

辛うまラーメンでは日本一。他に類を見ない独特のラーメン。創業から40数年、老舗伝統の味と言うことらしい。

見上げれば雨上がりの夜空の下には京浜急行品川駅のプラットホームの構造物で、その下にあるガード下を有効利用している品達だった。

そしてこちらの店頭へ到着すれば、既存店の中でも人気を争う一店だけに、6人近い行列が入口から伸びていた。

チケットを先に購入してから並ぶよう促す案内が何処にいても判るように、それを知らせる張り紙がそこかしこにある店先だった。

券売機の前に立ち漠然と考えていた味玉つけめんを選んで、ガッツリ気分でもあったので麺量400gとなる150円の特盛ボタンを連打。

いつの間にかお店の方が横におられて、掴んだチケットを確認すると、外列の後ろへ並ぶよう促されて、その指示に従って並んでそこで順番を待った。

回転が比較的よいこちらで、そう待つことなく入店することが出来た。満員の店内は大変に賑やかで、活気のあるフロアーと言えた。事前にオーダーを確認されていたこともあって、程なく到着。

それではと行かせて貰えば、切なくなるほどに味わい深い美味しさ。太麺は素敵な太さで、感動級の風情が素晴らしいもの。

味玉が良かったがそれ以上につけ汁に入っていたトロトロの角肉が実に良かった。麺が三分の一近くになったところで、ぬるくなって来たので石をさりげなくお願いした。

102と刻まれた楕円状の石が到着すると、「スープを足しましょうか?」と来られた。やや少なくなっていて出来る事ならそこはお願いしかっただけに嬉しい一言でお願いした。

追加されたつけ汁に例の石を投入すれば、ジュワッ!と音が広がって湯気が小さく立ち昇る。そこでまた麺をすすれば、まるで二杯めのつけ麺を嗜むような新鮮感が素敵だった。

カウンターの向こうの席の方が何やら記入したアンケートをお店の方に手渡すと、何かカードを手渡しながら「次回に御利用下さい!」と告げていた。

うーん何を貰ったのか、気になるところ。さっそく手元にもあった簡単なアンケートを記入して同じように手渡すと、やって来たのはTETSU全店で利用ができる麺大盛か味玉が貰えるカードだった。

気がつけば完食。いや、しみじみと旨かった魚介迸る大変美味い味玉つけめん特盛と言えた。


(左フォト) 味玉つけめん特盛(汁・麺)/品達入口周辺 (2012.03.04)



  2012.03.04 ぬるくなったら石をお願いしよう。   2012.03.04 JR品川駅高輪口から歩いてそう遠くない。







明日は大晦日と言う、師走のついに最終コーナーを抜け切る、その直前となった火曜日だった。大抵のラーメン店は、本日から年末年始休暇に入る日で、年始明けまでお預けとなるお店も多い。

さてそんな今日はどうするかと案じたが、出来ればランチタイムを楽しんだ後で、大晦日の夜に食す年越しそば用のラーメンかつけめんを、購入したいと考えた次第だった。

そこで思いついたのが、そんなお土産店も併設されている京浜急行品川駅下の、既に何度か出掛けた事がある麺達七人衆品達ラーメンだった。最近は奥に、どんぶり五人衆も居るらしい。そのうちカレー三人衆も出来るのか?(おいおい)

そんな訳で、総武線電車を秋葉原で下車して山手線に乗り換え、JR品川駅中央改札口を抜けたのは、正午少し前の事だった。

昨年12月に「横濱くじら軒」と「蔵六」が残念ながら去り、その後釜として入ったのは黒みそラーメンで名を馳せた「初代けいすけ」とこちらのお店だった。

黒みそも興味あったが、本店へ行って良かったのに、一度行ったキリだった事もあり、こちらへ本日は入店する事にした早い時間のランチタイムだった。

券売機で何にするかと見れば、野菜つけめん900円と言うのを見つけてそれを選び、麺量が300gになる大盛ボタン100円も連打した。各店とも店頭に外列が無い中、こちらだけは数人だが常時外列が出来ており、なかなかの人気を誇っている様だった。

その外列に並び、しばしした後にすぐ入店出来て、厨房前にあるカウンター席に案内を受けて着席。威勢の良い快活な挨拶が素晴らしい、そこはまるで最近行ってないが和民の店内の活気だった。

ふとカウンター周りにあるインフォを見ていると、年末年始限定でお持ち帰りつけめんを店内で特別に販売提供しているとあった。これである。こんな偶然も期待していた丈に、待ってましただった。

二人前1500円で早速お買い上げの名乗りを上げると、そこは和民のノリで購入を喜んでくれ、そ、そこはちょっと恥ずかしくなる程だった。

買ってから気がついたが、千駄木本店夜のセカンドブランド「はじめ」の鶏ベースのつけ汁だそうで、これは想定外だったが、違うタイプのつけめんが楽しめると言う事で、とても嬉しい結果となった。麺は中太麺200gで、汁と麺のみで夫々冷凍してあるそう。

この時に、麺は浅草開化楼か尋ねて見るとそうでは無いそうで、普段こちらで利用している麺も自家製麺だそう。そう言えば本店でも開化楼では無い麺も、以前訪問した時に提供しており、不思議では無かった。程なく到着。

おお、やはり、旨そうなビジュアルの、こちらのつけめんだった。それではと行かせて貰えばそれはもう、これは旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。

最近は犬も歩けば豚骨魚介と言われるが、その中にあってオリジナリティが溢れながらも、変な個性にはなっておらず、そのセンスの良さはなかなかと言えたつけ汁であった。

麺も開化楼では無いものの、これまたムッチリモッチリヌッチリと来る太い平打ち縮れ麺で、国産感は感じ無かったが、かなり良い小麦粉感と食感だった。野菜もほっくりしていて、とっても良かった。

気が付けば麺が、魔術の様に消えた。誰だ隠したのは?だった。(全部食べてます)

熱々では無くても良かったので、こちら自慢の焼き石は頼まずに、手元にあったポットに入ったスープを入れて、スープ割りを楽しんだ。いや、ズドン!と、これが良かった、旨かった。

(左フォト) 野菜つけめん大盛(麺・汁・野菜)/品達内店頭 (2008.12.30)


 つけめん TETSU 品川店 (麺達七人衆品達ラーメン内) ※TETSU公式サイトはこちら

 住所:東京都港区高輪3-26-20京急ガード下  定休日:無休  営業時間:11:00〜23:00

 アクセス:JR山手線他品川駅高輪口下車。国道15号を左へ進み少し歩いた左側。



喜劇らーめん食べ歩きTOP