麺屋てつ 千葉・国府台



午前中にJR松戸駅界隈の所用を済ませ、その後でJR市川駅周辺にも所用があり、松戸駅西口左手のバス乗り場から出る、市川駅行きの京成バスに乗車。

その車内で、昼はどうするかと思い描き、そういえばその路線バスの途中にこちらがあったと気がつき、終点の手前で途中下車し、こちらの店頭へ正午少し前に到着。

こちらもケータイサイトのコラムで、話題にしたばかりのお店。オープン当時に一度来ただけで、かなり御無沙汰な店頭。先客がお一人入ったばかりの店内で、その人に続いて、券売機の前に立つ。しょうゆ味に、しお味に、味噌ラーメンとバリエーションが豊富なメニューで、つけめんもやっていた。

そんな中から、しょうゆラーメン500円と、ネギチャーシュー丼250円のボタンを夫々選んでタッチ。こちらはワカメとネギの消費量が高い、街道沿いに多く見掛ける、ラーメンショップで働いた経験もある店主のお店。遠い以前は、津田沼に移転した「旭川ラーメン好」があった場所で、しばらく前にはその店主が来られた事もあったそう。

そんなこちらの場所の周辺は、遥かいにしえには下総の国と呼ばれた、現在の千葉県・埼玉県・東京都・茨城県のかなり幅広い各一部地域の、今で言う国会議事堂の様な国府関連施設があった場所で、遺跡も多く見つかっている。

また、周辺には千葉商科大学や和洋女子大、国立病院があり、こちらの店舗は京成電鉄国府台駅のすぐそばで、道路のすぐ向こうは江戸川で、緩やかな水面に陽射しがきらめいている。

そんな周辺環境でありながら時間帯の所為なのか、目の前の道路は意外なほどに閑散としており、まるで東北の一地方にいる様な錯覚に陥りそうな程。まもなく到着。

それではと食べ進めれば、おお、まず思った事は、なかなかの油感だった事。豚の背脂の甘い感覚が良く、ラードは入っていない様だが、鶏ガラが入っている感じで、それで鶏油(チーユ)もミックスされているか気になり、確認したところ背脂のみとの事。

まずまずの風味感があり好印象で、もう旨い旨い旨い旨い。途中でカウンターにあった、擦りニンニクに豆板醤(トウバンジャン)を入れると、旨いがさらに二つ増えた感覚が良かった。

オープン当初と較べて進化した感があったが、初夏に近づいているのもあり、麺の管理が気になる所があったものの、500円のプライスと言う事では、太鼓判を押せる程の仕上がりになっていた。ネギチャーシュー丼も250円で、ネギ好きにはたまらない感じ。ここにも豆板醤を入れて楽しんだ。

気が付けば完食。いや、良かった。

(左フォト) しょうゆラーメン/ネギチャーシュー丼 (2008.05.01)


 麺屋てつ

 住所:千葉県市川市市川3-27-24 定休日:土曜日 営業:11:00〜15:00/17:00〜21:00

 アクセス:京成電鉄国府台駅下車。改札前の道を左へ進み少し歩いた左側。


     
国府台駅近くで、河原が広い江戸川そば。 上から、しょうゆ・みそ・しお・サイドメニュー。 2004.08 ネギチャーシュー麺 ラショ・インスパイアー系なラーメン店。


曇り空のどこを探しても、青空の隙間が見つからない、月曜日休日の遅い午前。降雨確率は50%を超えていた。蝉の鳴き声が、清流の川の流れの如くの様に、落ち着いていた。旭川ラーメン好が津田沼に移転して、その跡地にまたラーメン店が出来たらしい。自掲示板でもお奨めの方がお書き込み頂き、行ってみるかとなった。

店主はラーメンショップで働かれておられた事があるらしい。好へ行っていた時の様に、京成バスで八幡駅前で下車し、各駅停車が来るまで待ち、国府台で下車する。到着すると、真新しいラーメン店がそこにはあった。今月初めの開店らしい。券売機のメニューを見ても、ラーメンショップ系という感じのラインナップ。

ネギチャーシュー麺のボタンを押し、好とそう変わらないレイアウトのカウンタ席の角当たりに腰を下ろす。店主に「ラーメンショップで修行されていたらしいですね」とぶっきらぼうにお聞きしてみると、「修行という感じでは働いていた訳で無く、それに随分前で、ついこの前までずっと中華料理店で働いていたんですよ」と教えて頂いた。程なく到着。

う〜ん、これはもう、ラーメンショップ系のラーメンである。背脂が多少入ったこってりラーメン。こってりと言うよりはギトギトの領域。油感がやや趣味で無い感じ。麺は帰りがけに麺箱を見つけ、佐藤製麺という所の麺の様で良い方にシフトしていた。チャーシューも、ネギも、全てがラーメンショップ系と呼びたくなるラーメンであったのだった。

(2004.08.23)


喜劇らーめん食べ歩きTOP