天鴻餃子房 東京・神田須田町





朝方から降り頻る雨さえ全米オープンテニスの錦織圭選手決勝進出を祝っているような、国内はそうした歓喜にわく九月長月上旬の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、午後早い時間には雨も上がったようで、夜風も幾分乾いてその分過ごし易かったそんな午後七時過ぎだった。

秋葉原が勤務先となって、既に幾つかの中華店で美味しい餃子を数店で食して来たが、そう言えば以前訪れたこちらにもまた訪ねて見るかとなった。

神保町で昭和28年から営業している、中華店の神田餃子屋が本店の系列店となるこちらだ。そんなわけで須田町交差点の傍で営業するこちらへやって来た。

夜営業もこなすこちらだが、いざ来てみると特に電光看板もなく地味に営業しており、店頭に立つまではやっているのかさえ判らなかった。

さっそく入店すると入口周辺に数組の先客がいて、美味しそうに餃子を頬張っている最中だった。

右手奥のテーブル席に促されて、腰掛けてからメニューリストを広げ、しばし思案した後に、海老ワンタン麺に黒豚餃子3個のセットをオーダーすることにした。

麺メニューの全てに、税別210円増しの元祖餃子4個セットと税別260円増しの黒豚餃子3個セットが記載されていた。

先述したように神田餃子屋が展開する餃子専門店のこちらだが、そのほとんどがこちらと同じブランドで営業しているようだった。

こちらの神田須田町店に神保町店に神田錦町店のほか、神保町会館店、神田小川町店、飯田橋店、日本橋浜町店、大手町店、有楽町店、水道橋店が現在営業しているようだ。

また餃子屋じなんぼと言う、関連店も水道橋周辺にあるらしい。さらには秋葉原周辺にある餃子屋壱番もまた神田餃子屋グループのようだ。

その関連店舗の近況をお聞きしようと話しかけたら、来月には市ヶ谷周辺に系列店がさらにオープンする予定であることを教えてくれた。

フランチャイズ店なのか尋ねると、経営者は違うがみんな親類縁者が営業しているものなのだそうで、そうした経営スタイルとはまた違う形式となるようだった。

前回訪れた後にさまざまなテレビ番組で紹介されたようで、「当店の餃子がメディアで紹介されました」と銘を打って、うまく整理して案内されたものがテーブルのメニューと共に添えられてあった。

後続客が続く店内。入店する直前、遠くにJR神田駅のプラットホームが見えたが、秋葉原よりもそちらから歩いた方が近いようだった。程なく到着。

以前は奇異な目で見てしまったようで、それを反省しつつも口にすれば、これがなかなかの持ち味が実に素敵でたまらないもの。

やはり昭和28年創業の神保町に位置する中華店である神田餃子屋のラーメンだけに、何処か懐かしくも優しい味わいと言えた。プリプリした海老ワンタンに、チャーシューも美味しかった。

そして餃子に手を伸ばして、いつものように作る醤油だれにくゆらせて頬張れば、じゅわっと広がる肉汁に肉餡がぎっしりで皮もモチモチ食感で、やはりとてもなかなかだった。

それだけに、気がつけば完食。精算時に前回と同様また割引券をくれた。いつも配布しているらしかった。いや、とても素敵な美味しさで、なかなか実に良かった。


(左フォト) 店頭と周辺/海老ワンタン麺/セット黒豚餃子3個 (2014.09.07)


 餃子専門店 天鴻餃子房 神田須田町店

 住所:東京都千代田区神田須田町1-14  TEL03-3255-8095  ※公式サイトはこちら

 定休日:無休  営業時間:平日11:00〜23:00◆11:30〜20:30

 アクセス:東京メトロ丸の内線淡路町駅下車。靖国通りを千葉方面へ向かい、須田町交差点で右折
       して中央通りに入りまもない右手にあり。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら



須田町交差点傍で営業する餃子専門店のこちらだ。

餃子専門店ながら麺メニューも豊富に用意されていた。

餃子のタレが、手軽に出来るようになっていた。

餃子は様々なスタイルのものがラインナップしていた。

当店の餃子がメディアで紹介されました。

店内は清潔で、落ち着けそうな雰囲気だった。


【番外編】

今日の昼は、餃子が食べたいとなり、ランチでこちらへ入店。メニューから黒豚餃子中盛(九個)定食1020円をお願いした。下は六個、上は何と十二個のパターンもある餃子専門店だ。中国語飛び交う分点心の餃子が美味しそう。

前回ラーメンは普通だったが、餃子でやはり語らなければいけないお店である。程なく到着。小皿に、醤油お酢ラー油を適量入れてかきまぜ、それにつけて食し始める。いや、厚みのある皮がムチムチで、黒豚のミンチに、刻みニラが絡まり旨い旨い。

一個一個のボリュウムもあり大満足な餃子だった。清算時にお姉さんに思わず、「ヘンハオチー(とても美味しい)だったよ」と言った。すると割引券をくれたのだった。言って良かった。

(2004.12.03)



2004.12 黒豚餃子中盛定食



2004.06 ちゃーしゅう麺


薄墨の空でもどこか青く、どこか和らぎの或る、六月下旬の日曜日だった。どうやらちりめん亭の跡地に、餃子のチェーン系列店が出来たようだ。こうしたお店の場合、大抵ラーメンもあるはずだ。

あまり期待しない方が良いかも知れないが、とりあえず行ってみるかと、こちらに向かう。ホコ天もあってスムーズに到着した。店内に入ると新店景気なのか、結構先客で混雑していた。

テーブル席が整然と並び、奥があいていたのでそこに座る。やたら元気そうな挨拶が良い中国の方が水を持って来てくれた。メニューを見てラーメンに餃子にするかとお願いして、ふと壁にちゃーしゅう麺・半餃子(四個)セットというのがあったのでそれに変更をお願いすると、すぐもあって快諾してくれた。程なく到着。

湯(スープ)は餃子チェーン店にありがちな、悪くは無いが良くも無いフツーのスープ。しかし麺は意外とコシがありまずまず。チャーシューは八角などの中国食材が味付けされてなかなか。

ところで店内のインフォやメニューは、どこかで見た気がする。そうだ「武蔵」だ。秋葉原昭和通り沿いに少し前まであったお店で、黒豚餃子で確信を得たりした。なるほど、ここはやたら元気のある中国系の方とよい、餃子専門チェーン系列なのであった。

そして、そのさすが餃子専門店の餃子。やや小振りなものの、大変美味しい餃子なのであった。ご飯物もあり、次回は餃子とそこら辺で楽しみたい。

自宅に帰ってからネットで調べて見ると、昭和28年創業の神田・餃子屋の系列店で、公式サイトもあり案の定、「武蔵」の名前もあったのであった。厳選したらしい高原きゃべつに豚肉とニラを使っているらしい。

(2004.06.27)