らーめん食べ歩き 
 中華料理宝亭@東京都江戸川区・西葛西

2006.07 真新しい暖簾が眩しいお店。
2006.07 チャーシューメン大盛

2006.07 塩チャーシュー大盛

2006.07 木製の鳥かごがある。


アクセス

東京メトロ東西線西葛西駅下車。葛西中央通り沿い西葛西6丁目交差点そば、江戸川区西葛西7-21-18。
定休日 火曜日・第三月曜
営業時間 未確認


まだ夏場はそうする様に、洗面所の蛇口をひねり、その冷たい水で顔を洗い髭も剃る。冬場だと台所のお湯だが、まだそんな寒い事もない。そしてバスと電車を利用して、地下鉄東西線西葛西駅へ降り立つ。

そこから徒歩で、勤務先へ向かう。すると駅を出てまもなく、中華店の出前バイクが、目の前を横切った。おお?だった。見ると、グリーンの色ですぐ気が付く、こちらの比較的若いお兄さんだった。

そんな訳で今日は、こちらへ行く事にしたのであった。先客1の落ち着いた店内。カウンタ席の中程に腰を降ろし、醤油のチャーシューメンを大盛でお願いする。先客の方が食していた、野菜炒め定食も盛りが良く美味しそう。程なく到着。

おお、やつぱりじんわりと来る、感じの良いスープに、麺も加水感が程良く茹で加減が絶妙で、旨い旨い旨い。チャーシューが、やや塩気が強いものの、自家製感が高くて美味しい。後半に胡椒を入れて、違う風合いも楽しめた。気が付けば完食。いや、良かった。

(2006.10.01)


梅雨明けがお預けになった、低気圧の雲が空を覆う木曜日。後味感のすっきりさに心奪われ、またこちらへ伺う事にした。カウンタ席の入り口寄りに着席して、セットメニューを探すと無く、弾みで塩チャーシュー大盛をオーダー。前回来た時も気になっていたが、小鳥のさえずり声が店内を行き交っている。

見ると複数の木製の鳥籠があるが、鳥が見えず、機械で鳴らしている様に見える。目の前に店主がおられたのでお聞きすると、鳥籠の中に鳥はいるそう。チャーシューは直前に切っていた。程なく到着。

おお、何とも味わい深い濁色で、これは旨そう。いやいや、これは旨い旨い。やはり前回と同じ印象を持つラーメンで、麺は中華店らしく柔らかいが、スープは前回よりコク良く、チャーシューもやつぱり美味しい。スープも完飲したい所だったが、やけに多く外の多湿な暑さもあって断念。いや、旨かった。

(2006.07.27)


先日こちらを見つけて、本日ランチ時に行って見る事にした。場所はファミリーラーメンに比較的近い場所だが、普段通らない路地裏にあり、今まで気が付かないお店だった。

店頭には、新調したばかりの様な、オレンジ色の暖簾が掛かり、店名が緑色で刻まれていた。中に入ると、奥で常連さんが和気あいあいと世間話しをされている。右側のカウンタ席に腰掛け、メニューを持ち上げ、チャーシューメンを大盛でお願いする。

客スペースでは常連さんと女将さん、厨房には息子さんなのか、若い男性が一人おられるだけで、こう言ったシチュエーションだと、必ず初老の店主がおられそうだが、今は見当たらない。しかし、しばらくすると、その店主が登場され、うんうん、中華店はこうでなきゃ、と一人しみじみ腕を組んで首を立てに振って、感慨に耽ったのだった(おいおい)。程なく到着。

おお、ひとあじ違う鶏ガラのじんわり来る、あっさり醤油スープ。後追い感が殆ど無かった。麺は、やや加水低めの中細ちぢれ。チャーシューがこれまた良く、もう総合的に、旨い旨い旨い。具は、チャーシュー以外は多めのワカメに、程々の小口切りの白ネギのみ。

こうしたケースだと、コクに深みがありそうだが、そういう事は無い。ともあれ、とても美味しい、チャーシューメン大盛だった。精算時に厨房のお兄さんへお金を支払う際、ダシスープが入った大きいズンドウが見える。中では様々な食材が、何だか判らない位に、グツグツと茹だっていた。いや、 良かった。

(2006.07.23)


喜劇らーめん食べ歩きTOP