喜劇・らーめん食べ歩き〜番外編〜
 フランス菓子屋シュルプリース東松戸店@千葉県松戸市・東松戸

2005.10 JR東松戸駅前のパティスリー。
2005.10 カフェですぐケーキが楽しめる。

2005.10 キャシーシトロン

2005.10 サンタンジェ


アクセス JR武蔵野線・北総開発鉄道東松戸駅ロータリー前
定休日 火曜日
営業時間 11:00〜21:00


また嫁さんとラーメンと言う事で大崎の某店へ行き、秋葉原から最近出来たつくばエクスプレスに乗って見ようと乗車。南流山で下車してJR武蔵野線に乗り換え、せっかくだしとこちらにまた入店する。

それにしても今まで、撮影可能距離1mのデジカメでよく撮影していたもので、それが如実にあらわれていたのがこちらのお店のケーキのフォトであった。

しかし今は撮影可能距離10cmのマクロ撮影を可能にしている。おお、何と美味しそうなケーキのフォトな事か。実際食しても、いつも大変美味しく、今日は嫁さんと私で、キャシーシトロンとサンタンジェに、アイスコーヒーと共に楽しんだ。

(2005.10.10)


嫁サンとラーメンの帰り道、嫁サンにも好評と言う事で、こちらへ入店して一服する。夫々がアイスコーヒーと、生クリームとカスタードクリームが、しっとりしたタルトの上に乗り、苺が配置された「しっとりタルト」を私が食べ、嫁サンはスライスした苺、生クリーム、スポンジが層を形成する「ケンブリッジ」。

前回のレポの間に何度か訪れていて、「ケンブリッジ」も先日食していたが、これが良かった事は確認済みだったりする。春でさらに居心地の良い、いつもの喫茶スペーズでケーキを堪能した。やつぱり、良かった。

(2005.04.15)


久々こちらの喫茶スペースで一服する。ケーキのショーケースを眺めて、今日はサンタンジュとネーミングされた、カシスがちょこんと乗り、カシス酒が適度に入ったスポンジケーキで、一番上は生クリーム、その下はカシス色とプレーンのスポンジが重なる七層のケーキを選ぶ。

320円で、アイスコーヒー350円と共にオーダーして、奥のテーブル席に腰掛ける。程なく到着。これがなかなかのケーキで、とっても美味しかった。お店の一角にあるスペースで、ケーキの焼かれた良い匂いが漂い、洋楽のBGMが流れ、何とも贅沢な空間。

(2005.01.19)


何度と無く訪れていて、今日もバスの出発まで20分近くあり、喫茶スペースで一息をつく。席に座る前に、ショーケースから、「マロニエ」と言う名の、モンブランの様なケーキを見つけ、アイスコーヒーと共に楽しんだ。

上の部分のマロンクリームが程よい甘さで、その下には白い生クリームがあり、最下部は薄いクッキー生地となって、なかなか良く出来たケーキであった。

それにしても、東松戸駅周辺の開発が遅れている感じだが、マクドナルドもあり、さらに賑やかになって来れれば、本八幡駅からのバスが全便この駅まで来る様になると思うので、是非それを期待したい所である。

(2004.05.26)


ラーメンだけじゃつまらない。違うのも紹介したい。その方が気晴らしになるし、と今年になって初めてで通算六回目。今回はケーキのお店を紹介したい。

場所はとても判りやすい場所にある。JR武蔵野線と北総開発鉄道線が交差する東松戸駅のロータリーの目の前で現在そのお店があるビルしか無く、そう言った意味では東松戸駅というのは一応マクドナルドもすぐ近くにあるがさびれた駅前だったりする。

そんな東松戸駅前にあるこちらのお店は常時10〜20種類以上のカットケーキなどがショーケースに並んで、東京都練馬区小竹向原にも支店がある。

昨年(平成14年)暮れの千葉ウォーカーで「県内人気店クリスマスケーキ」のページでも取り上げられている。近隣の農家から新鮮な卵を仕入れているそうで大変美味しいケーキが楽しめる。

お店の中には喫茶スペースがあり、珈琲や紅茶と共にショーケースで選んだケーキが店内でも楽しめる。

今日はブランというホワイトチョコのムースを選びアイスコーヒーと共に店内で食してみた。スグリのジャムがのってムースクリームの甘みがしつこく無く、ホワイトチョコ特有のコクがあり、生地が絶妙な固さで美味しい。よく家にケーキを買って帰るが嫁サンにも好評のお店のひとつである。

(2003.01.22)


喜劇らーめん食べ歩きTOP