蘇乃居 千葉・蘇我 ※閉店

まるで梅雨が終わってしまったかの様な、高気圧が迫り出した青空に、爽やかでトロピカルな南風がそよぐ金曜日。初夏初日の様な、晴れ。本日は月一回の通院日の日で、また千葉市内の大学病院で、いつもの様に検査をして処方箋を貰った。さて、ラーメンはどうしようとなった時に、病院から蘇我駅に行く路線バスを使って、ぐうらーめん千葉店に行こうと決めて向かった。

このルートは初めてで、JR蘇我駅に着きまごつきながらも、アリオ蘇我行きの無料バスを見つけたが、あえて腹ごなしに歩いて行く事にした。国道357号線の向こうは、京葉臨港工業地帯が続き、その国道周辺には関連企業等のオフィスが軒を連ねていた。大型トラックが、けたたましく走り過ぎる。



さてここら辺に、ぐうらーめんがある・・・はず。いや、確かここの・・・はず。・・・無かった。東金にあるラーメン店だが、どうやら千葉市内のお店は、駐禁規制強化の所為か不明だが、撤退した様だった。

変わりにあったのがこちらで、ランチ時は中華バイキングがウリの、イージースタイルな中国料理店になっていた。そのバイキングは大人1280円で、70分食べ放題らしい。姉妹店は、本格ホルモン焼き吉家とあり、ぐうらーめんとは関係なさそう。

そのぐうらーめん千葉店閉店の確認に、刀削麺のインフォメーションもあり、それも悪くないなと入店する事にした。比較的空いた店内で、案内を受けて着席。同店は昨年閉店して、こちらが10月からオープンしたそう。メニューから、ランチ定食の刀削麺炒飯定食800円にして、坦々麺か麻辣麺どちらかの暖かいスープのラーメンが選べ、先日他所の店でラーメンが冷やし合えそばだった事も手伝い麻辣麺の方にした。

先客はグループ客が3組おられ、夫々のテーブルで語らぐと言うよりは、全員中華バイキング一本勝負の真っ最中で、元を取る事に奔走していた(書かんでいい)。程なく到着。

チャーハンはお店のお姉さんが、バイキング料理の一つになっているチャーハンの大皿から盛って来て、なるほどそういう事か、だった。とは言え、そのチャーハンに麻辣刀削麺も、実にそれらしく旨そう。それではと口にして行けば、やはりまずまずの風合いながら、もう旨い旨い旨い旨い、チャーハンも美味しい。

刀削麺自体も本格的な職人が削いだ感じで、スープもやはり花椒にラー油の辛味具合がよく効いており、なかなかの辛さが良かった。サラダにザーサイも付いて、800円はお値打ちのランチだった。

気が付けば完食。ふと見ると、各刀削麺のフォトが壁に張られていて、坦々麺と麻辣麺のフォトがほぼ同じで、そう言えばどう違うんだろうとなった。そこで厨房のコックさんと、ワザと目を合わせ(おいおい)、どう違うかお聞きしたところ、日本語を覚えたばかり風な中国人の方で、「坦々麺と麻辣麺、ほぼ同じ。

でも味ちょっと違う」と返って来た。ま、そうなんだろうけど、それだけだと何だしと、手振りも入れて「麻辣麺だけホアジャオ入れてる?」と言うと、ニコニコして「そうそう」。いや、コミュニケーションが出来て良かった。

その後、こちらを出た後せっかくだしと、アリオ蘇我の中を散策。ドトールを見つけ、一息をそこでつき、すぐ傍から件の無料バスが出ていて、それに乗りJR蘇我駅へ戻った。いや、旨かった。


(左フォト) 麻辣刀削麺/店舗外観 (2008.06.06)


 中華レストラン 蘇乃居 (そのい) 

 住所:千葉県千葉市中央区稲荷町2-3-12 定休日:木曜日 営業時間:11:30〜15:30/17:00〜22:30

 アクセス:JR京葉線蘇我駅下車。国道357号線に出て右側へ進み徒歩およそ10分。同駅よりすぐ
       傍にあるアリオ蘇我まで無料バスが走っている。


     
すぐ傍にあるアリオ蘇我。 定食セットの炒飯(チャーハン)。 定食セットのサラダ&ザーサイ。 JR蘇我駅からアリオまで無料バスが走る


喜劇らーめん食べ歩きTOP