らーめん食べ歩き 
 支那亭@東京都江戸川区・西葛西※閉店

2006.03ちばき屋スタイルのラーメンのお店。
2006.03海老塩支那そば

2006.03奥の深い意味を感じる色紙。

2006.04支那そば大盛


アクセス 東京メトロ東西線西葛西駅下車。徒歩およそ3分、江戸川区西葛西6-17-12。
定休日 水曜日
営業時間 平日・土曜11:30〜4:00/日曜11:30〜23:00


好天の日曜日、一ヶ月振りにこちらへ入店。先日初めて、ちばき屋@葛西で食し、その微妙な違いも楽しめていたりしたのだった。中に入ると、お母さんとお子さんの2グループが精算する所で賑やか。奥に行ったが、そんな訳で結局入口近くの席に腰を降ろした。支那そば650円に大盛200円増しでお願いする。程なく到着。

こうして見るとやはり若干の違いがあり、経営が違うと(たぶん)この様に違いが出るものかと感じた。シフト的にはやはり明星系を思い出してしまうラーメンだが、何とも言えないダシの良さがあった。

麺は細麺ゆえのカン水臭さがあるがまずまず。チャーシューはたまたまのか、前回の味玉入りの時と違う感じだった。やはり化調系も、ラーメンらしくて悪くないと思う。いや、良かった。

(2006.04.09)


勤務先が今まで駅で降りる事が無かった西葛西となり、ネットで調べるとまず気になったのがこちらで、朝方に駅を降りて出社前に店頭へ、寄って見る念の入れよう。勿論、営業はしていない。何系かが気になっていた。そして昼時、勤務先に自転車があったので、恐る恐るランチで利用して良いか、先輩社員にお聞きすると、これが快諾。ランチの見通しに、明るい兆しを感じた出社二日目だった。

やはり自転車は便利で、短時間で店頭へ到着するのだった。入店すると、そこそこの先客。券売機は無く、入口近くのカウンタ席へ腰を降ろし、メニューから醤油味らしい、支那そばの大盛で、味玉もお願いする。程なく到着。

なるほど、朝方ガラス越しに「麺に心スープに愛、ちばき屋」と書かれた色紙を見つけ、多分と予想した通り、ちばき屋スタイルのラーメンだった。いや、旨い旨い旨い。これは旨い。じんわりと来る旨みに、背脂ミンチがこれは良い。チャーシューも二枚入り、これもなかなかと言えるチャーシュー。気が付けば完食。

そして会社帰り、嫁サンからメールが来て夜も外食となり、またこちらへ来て昼時気になった、海老塩支那そばを食した。塩味はこの海老塩支那そばだけの様で、夜の入店時に岩塩の塊りも見え、更に気になった。

スープを一口すすると、ローズソルトと言う岩塩を使用しているらしいが、こちらの持ち味が生きた、なかなかのスープと麺だった。 が、何故かバター味のコーンが入り、それなりの海老が入っていて、具の方で謎が謎を呼ぶラーメンだった。

(2006.03.02)


 ラーメン食べ歩きTOP  HOME