らーめん 獅童 千葉・松戸 ※閉店



見上げた空は淀んだ雲が塞ぐものの、淡い陽射しに涼風が木々の木の葉を揺らしていた、七月中旬週明け月曜日の朝だった。

昼頃にはそんな雲が消えて、快晴の空から燦々と夏の陽が降り注ぎ、日暮れ時には蒸した空気の夏のざわめきが、暮れなずむ時間帯に今日も落ち着こうとしていた。

また夜ラで行こうと言う事になり、開店まもない頃に一度だけ訪問して以来の、こちらへ久々入って見ようと入店した。風の便りによると、現在は経営する方が変わっているらしい「八幡だんちょうてー」が、まだ「かっぱ」と名乗っていた頃そこで修行してから始めた店主のお店だ。

この時間でもこの暑さに、入り口に菅野製麺所さんの麺箱があり、券売機のボタンの「濃厚」の文字にも釣られ、濃厚鶏しおつけめん800円を、麺量合計300gとなる大盛150円のボタンと共に押した。

右寄りのカウンター席へ進み、初めて見る方に券を渡してから腰掛けた。店内は先客二名に後続二名の、落ち着いた照明の飲食空間だった。

厨房にもまたこれ見よがしに菅野製麺所さんの麺箱が置かれていた。以前は違う製麺所だったので、そこら辺を厨房の方にお聞きすると、その方が来た頃には今の麺だからかなり昔からだそう。その方の麺の扱い方は、かなりなもので、これは菅野製麺所になってから、相当経過しているのだろう。程なく到着。

おお、鶏チャーシューが気前よく乗り、茹でられた冷菜茄子がまたいい感じで、やはり濃厚の二文字がイメージに先立つものがあり、もう目はハートマーク。それではと行かせて貰えば、もうそれは旨い旨い旨い旨い旨い旨い。麺がかなり良いタイプで、ここまで良いと感じたのはそれこそ久々。

もうムチムチにプリプリにムッチンムッチンと、その麺の素晴らしい食感に打ちひしがれた。つけ汁の濃厚っぽさは想定外だったが、黒胡椒で味も整えられて、いい風情があった。

何よりつけ汁には鶏団子も入り、鶏チャーシューに冷菜茄子などの具材も素晴らしく、気が付けば完食だった。いやいやいや、それにしても茹で方も良く、これはいい麺であった。

(左フォト) 濃厚鶏しおつけめん大盛(麺・汁) (2009.07.13)


 らーめん 獅童 (しどう)

 住所:千葉県松戸市根本5-11   定休日:無休

 営業時間:11:00〜翌1:30 ※金土曜・祝前日〜翌3:00 ※日曜・祝日〜0:00

 アクセス:JR常磐線松戸駅西口下車。西口ロータリー右奥の道を右折して、一つ目の十字路を
       左折。しばらく歩いた右側、徒歩およそ4分。

   

  2009.07.13 店頭に置かれた、菅野製麺所の麺箱。   2009.07.13 女性も入り易い、大変にお洒落な外観。

   
風が木々をざわめかせ、小雨が降り出す頃に自宅を出る。九州の方では、また台風で大変の様。薄い灰色の空の下に、濃い灰色の低い小さい雲が、斑模様を造形する午前11時過ぎ。

らーめん無の跡地に、かっぱと同じらーめんを、提供するお店がオープンしたらしい。到着すると、入り口上の広いスペースに白を基調とした壁全体を使った看板。

中に入ると予想した方が厨房におられた。かっぱにおられた方である。今月18日にオープンしたらしい。券売機で醤油らしい、獅童特製らーめんというのを選び着席。店内はらーめん無の内装の面影はまったく無く大変モダン。程なく到着する。

たすかに、またまたかっぱである。浅草開化楼の麺箱がどどんとあり、麺もそう大差が無い感じ。ただ某店の時にも感じた厳密に言うと、かっぱの様でかっぱで無い、そんなラーメンの様な気がした。

何れにしてもチャーシューも炭で炙り、水菜も乗り、お洒落でまずまずのラーメンを堪能した。らーめん無の電話番号をそのまま使っておられるそうで、よくそちらと思ってまだ電話がかかって来るらしい。

また中村獅童さんとは全然関係無いらしい。格好良い店名だけに、今後こちらのオリジナル性にも期待したい。とにもかくにも、かっぱ系松戸に参上である。

(2004.09.29)



2004.09 獅童特製らーめん



喜劇らーめん食べ歩きTOP