中国料理 千秀園  東京・秋葉原 ※閉店







まるで午前6時前の夜が明け切らない、そんな都会の明るさの降り頻る雨粒の向こうで、信号と車のブレーキランプがやけに輝いていて見えていた、大型台風上陸間近をTVニュースが速報する十月前半水曜日の朝だった。

今日も一日社内の日で、止まない雨の中こちらに出掛けて見る事にした。6月11日にオープンしたばかりの、秋葉原UDX沿いにあるビルの地下に出来たお店だ。

一度開店直前の頃中におられた方に今後の予定を確認した事があったが、仕事の都合で行けず終いになってしまい、数カ月が過ぎてそう言えばとなって今回の訪問となった。

混雑を避けて午後一時頃に入店。下に降りる階段で団体客風の方々とすれ違い、そんな事もあってか丁度ガラガラに空いていた店内であった。一人が帰ると、それに続く人間心理もあったよう。

適当なテーブル席に腰掛けメニューから、少し悩んだ末にザーサイロース麺をオーダー。そしてメニューになかったが、特製焼餃子は出来ないかお聞きして見た。

するとランチタイムでは提供していないが、今ならちょうど空いているので作りましょうと、ありがたいお言葉を頂いて対応して貰える事になった。

ネットでこちらの餃子が最近では神田餃子屋も活躍しているナムコナンジャタウンの池袋餃子スタジアムで提供されていた事を知った。

そして来て見ればランチタイム用のメニューに掲載されておらず、それで確認したわけだがこれが運良く食せる事になった次第だった。

昨年9月まで出店していたそうで、その時の餃子店は(中国北方風味手作り餃子と冠が付いて)「千松瀧[センショウリュウ]」と言う店名だったそう。

ネットで調べると数年前にはJR中央線武蔵境駅周辺にもお店があったようで、「(中国黒竜江省)ハルピン出身の祖父から受け継いだ本場中国の味」と言う触れ込みも見つけた。

後続客が続いて、にわかに活気づく店内。程なくラーメンが到着。

おお、ラーメンがまずボリュウムのいいサイズで、これにライス・サラダ・杏仁豆腐・漬物がつくこちら。それではと行かせて貰えば、いやいやいやいやこれは美味い美味い美味い美味い美味い。

何とも口あたりの良い中華スープに、チンジャオロースのような餡状の具材が浮かんだラーメンで、その味付けもしつこくないタイプ。全てがまったりと来て美味しいものだった。

麺も中国料理店で見られる細麺とは違うものの、中太やや太のストレート麺でもっちりとしており、なかなかいい感じの中華麺であった。

後から来た餃子は、いわゆる羽根付だった。これがもうホットケーキが来た?と最初は錯覚してしまう位に美しい円形をしており、思わずうっとりする程に綺麗な羽根付き餃子であった。こんがりキツネ色したここまでの羽根付きを、あなたは作れるだろうか。

で、口にすればもうなるほどこれは、いやいや美味い美味い美味い美味い美味い美味い。もう餃子と言えば、ここの所良くてデパ地下で買って来て再加熱した惣菜餃子だっただけにその味は格別。

最近の餃子事情と言うと海外で生産される餃子加工食品で、本当に以前より手軽に楽しめるようにはなったと思う。

そしてこだわった本格餃子は、こうなると全く次元の違う高級点心であり、最近はそんな二極化にはっきりと分かれているかと言えば中間もあり面白い傾向だ。

こちらの場合まず羽根はもうパリパリしており、ミンチのような肉を噛むとそこから溢れる肉汁がジュワァと口内に広がって行く。

そこにざっくりと裁断されたニラの芳香がまた他とは違う膨よかさになっており、或る種の達成感が得られる美味しさであった。

ひと昔前は油こってりの味噌ラーメンを食らいながら分厚い皮にくるまれた肉餡にニンニクがたっぷりと仕込まれた熱々の餃子を、ニンニクを気にしながらもハフハフしながら口にしたものだ。

それはそれでまた今でも乙で良いものだし、出来れば味源さん辺りに行ってハフハフしたいものだが、こちらは何とニンニクが入っておらずにここまでの満足感を与えており、それは何ともおそるべしな餃子と言えた。

ラーメンも含む料理はボリュウムに定評が高いとネットで囁かれていたが、まったくその通りだったものの、その美味しさゆえに気が付けば完食だった。またサービスで付いていた杏仁豆腐も、それにしては意外としっかりしていて美味しいものだった。

ランチタイムをずらして行けば、うまく行けばそんな餃子にもありつけそう。いやいやいやいや、良かった美味かった。


(左フォト) ザーサイロース麺/特製焼餃子/サービス杏仁豆腐/店頭外観 (2009.10.06)


 中国料理 千秀園

 住所:東京都千代田区外神田4-4-7MTビルB1F  TEL03-5298-8809

 定休日:年中無休   営業時間:11:00〜15:00/17:00〜23:00 LO22:30

 アクセス:JR秋葉原駅昭和通り口下車。駅前昭和通り横断歩道を渡って総武線ガード左側の
       道路を入って少し進んだ左側。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら



喜劇らーめん食べ歩きTOP