らーめん食べ歩き  
 らーめん山頭火上野店@東京都台東区・御徒町※2008.07閉店(他支店営業中)

2004.07塩チャーシュー大盛
2005.01醤油チャーシュー大盛


アクセス

JR山手線御徒町駅秋葉原寄り出口下車。中央通り沿い、台東区上野3-17-6 北村ビル1階にあった。
公式HP http://www.santouka.co.jp/


某店が、こちらのすぐ隣りに、昨日から営業を開始したらしい。それで行って見ると新店景気もあってか、10人近い行列が外に出来ていたのだった。無制限のランチタイムでも無いのでこちらへ入店する。いつもよりは空いているものの、席は埋まっており、醤油チャーシュー大盛1100円を注文して、しばし待って着席。程なく到着。

香ばしい油と、やはりミルキー感があり、美味しい。チャーシューも良かった。隣りを意識した所為なのか、以前にも増して美味しく感じられた。旭川VS九州、漢字が似ているライバル登場である。帰りの精算時、味玉無料券とトロ肉ラーメンが200円引きになる券が、ミシン目で一枚になっているカードを貰った。

(2005.01.04)


某店が、呑み屋に変わっていた。個人が店を開店させて、営業を続ける事は、並大抵で無く本当に大変だと思う。サラリーマンには判らないよ、と言われてしまうかも知れない。そんな訳で、今日はすぐ近くにある、久々こちらを訪れる。しおチャーシュー大盛をオーダー。こうしたチェーン店にしては珍しい、券売機の無いお店。程なく到着。

湯(スープ)は趣味で無い油感であるもののまずまず。麺がやけにボソボソ気味。暑さで食欲が無い所為も、あったのかも知れない。チャーシューは独特感があり良かった。種田さん、ああ種田さん。

(2004.07.22)


夏の低く白い大きな雲が、風で流されて行く。やっと梅雨が明けた。頬に掛かるそよ風が物語っていた。今日はこちらの醤油と云う事で入店。開店期の混雑も一段落の様で待つ事無く着席。これが普通である。醤油チャーシューにねぎめしというのを注文する。程なく到着。クリーミーなコクも悪くは無いし、麺もちぢれ具合が良いし、チャーシューもあっさり肉厚で嬉しい感じであった。

(2003.08.03)


旭川ラーメンのチェーン展開をしているお店で、立派な公式HPもある。サイト訪問者からメールで情報を頂いて知ったりする。一度訪問したらランチタイム真っ盛りで、座席後ろの待機席が満杯でその日は敬遠して、今日改めて訪問。先日とは時間をずらしてやや遅い時間に入店した。程なくカウンタ席へ着席出来た。大盛塩チャーシューをオーダーする。程なく到着。

湯(スープ)はゴマと塩の味がまず来てミルキー感のある感じ。山形屋と似て非なるものと云った感じ。豚骨しおのラーメンスープと云った様相で、野菜と魚も入っているそうだが、その濃さが味の全てを決めている感じだったりする。麺が旭川ラーメン独特の中細ちぢれで、柔らかくしっかりした他の旭川らーめんのお店とそう変わらないコシで変なカン水を感じない分良かったりする。

小さな梅干しが入って面白い。チャーシューが旨く、一枚バラ肉をじっくり煮込んだ感じで正しく肉の旨みが出て、味の濃さが丁度良く食感も良かった。その他の具もなかなか秀逸なものであった。そんな洗練された感のあった旭川らーめんだった。

(2003.06.06)


 アキバ@ラーメンTOP  ラーメン食べ歩きTOP