らーめん食べ歩き 
 桜吹雪が風に舞う@東京都新宿区・新宿三丁目※閉店

2004.06所で、まんぴかって何?
2004.06こってりまんぴか


アクセス

都営新宿線新宿三丁目駅C4出口を右に出てすぐ右の路地を入り、すぐある一つ目の十字路。
新宿区新宿3-7-3。
定休日 無休
営業時間 11:00〜5:00


フォトが無いお店は、是非もう一度行きたいと思っていて、今回新宿に来たついでに、長いお付合いのお客さんのパソコンセッティングも終わり、こちらにも寄ってみる事にした。

中に入ると、つんざく様な挨拶で出迎えられ、そう言えばここはそうだったな〜と、懐かしく感じながら、入り口近くの席に腰を下ろす。ラーメンを頼むかとメニューを見ると、「あっさりしぼり」か、「こってりまんぴか」か、選ぶ様になっていて、さっきからやたら威勢の良い目の前におられるお姉さんに相談する。

すると、「どっちもお奨めですけどー、んー、あたしは、こってりが好きですね」との事だった。遠回しなお世辞でも無かったろうが、流れ上、考えるのも面倒くさいので、「こってりまんぴか」でお願いする。程なく到着。

以前ここで食べたのは、そう言えばあっさりだったのを思い出したくらいにこってり。以前の様にやはり、何かツブツブ感があり、鶏・ゲンコツ・豚骨のスープらしいが、要は博多系のこてこて系。

やや間があったものの連食だけにスープは残してしまった。食べている間も、やたら元気のいい挨拶が飛び交い、背脂が入っている訳でも無いが濃い味付けにクラッと来るラーメンで、クラクラしながら精算を済ませ、お店を後にしたのであった。チャーシューは、まずまずであった。

所で、以前と同じ様に、キザミねぎが別小カゴで山と来て、少し入れただけだったが、あの残りネギの行方が気になるのであった。時に、下の二年前の文章を読んで恥かしくなる自分であった。

(2004.06.16)


新宿に用事ができ、さてどこに行くか、並ばないでおいしいところを目安に「噂のラーメン」という本の中からここに決めた。非常に粋な店名である。一番気になったのが「豚骨しぼり」でコクがありクセがないとの事。

入ると清算カウンタで注文をして席につく方式で、清算時におかわり自由の2週間有効のライス無料券を貰う。嬉しいサービスである。店内は掛け声の「ヤッ!」が飛び交う。チームワークのよい証拠だろう。まんぴか満開盛り豚骨しぼりラーメンは程なく到着。

お盆にのせラーメンと共に来たのが、小ザルにてんこ盛りの小口キザミねぎ。また嬉しいサービスだ。ラーメンを食べていると、すぐに無くなる小口きざみが好きなだけ追加して麺の上に乗せられる。随分いれたがそれでも三分の一程残った。さて肝心のラーメンはいわゆるとんこつ全部入り。

チャーシュー・豚角煮・味玉・ピリ辛しらがねぎ・高菜・キクラゲがのる。湯(スープ)はまさしくコクがあり、クセがなく旨みのオーケストラ。麺は中太のツルツルシコシコ。

チャーシューが引き締まり感もあるやや薄いがトロトロの絶品。豚角煮もとても旨いが甘みが前面に出てスープと喧嘩をしているが、それでも単独で食べれば大変美味しい。味玉はカタ茹でだがそんな事はどうでもよいラーメンだ。冷水は持ってきて冷水ボトルからつぐ方式で確か麦茶だった。

最後に気になった事がある。完食したどんぶりに残った何かのつぶつぶのカス。スープを飲み干そうとした時にそれはついてきた。旨みの素であろうが瞬時に何か判らず「う〜む」とちょっと思った。それでもさすが新宿の激戦地で当分の間は生き残れそうなレベルの高い一杯だった。

ちなみに新宿は一号店で下北沢や九州の小倉にもお店があるらしい。九州と言えばトンコツ。さすがニュートンコツ味は九州の方の創作ラーメンだったようだ。

(2002.07.09)


喜劇らーめん食べ歩きTOP