中華そば 幸軒 東京・築地



今日は築地4丁目交差点周辺にあるビルの二階で内覧会の仕事があり、朝ラーメンを築地場外市場で食した後昼過ぎにはそれも終わり、ランチもまた場外市場で行こうとこちらに立ち寄る事にした。

以前にも一度訪問した事があるお店で、築地中通りの乾物屋さんとお茶屋さんの間の通路の奥まった場所にあり、昭和25年創業と言うからもうすぐ60年にも及ぶ老舗中華そば店のこちらだ。

常連さんがおられて厨房の方とやり取りされている中を入り、入り口前の角のカウンタ席に腰掛けながら、壁のメニューとしばしのあいだ睨めっこした後、意を決してピリ辛ラーメン800円をお願いした。

出入り口は客用と店用で手前と奥に一つずつあり、その間の壁を見るとテリー伊藤さんの、雑誌か何かのコラム記事の切り抜きが壁に貼ってあった。

そんな記事をラーメンが来るまでのひとときに読んでいた。するとそこには、テリーさんがこちらのラーメンを子供の頃から愛して来た事が連ねてあった。

新横浜ラーメン博物館の岩岡洋志館長さんが、そのラーメンを日本一と発言した事や、こちらのシュウマイを食べて育ち、そのサイズが結構大きい事も紹介されていた。

すぐ近くには昭和10年代に創業した氏の実家である「玉子焼丸武」があり、現在4代目が実兄の後を継がれているようであった。

工場の機械で焼く会社が多い中、毎日手焼きで二千枚以上もの卵焼きを焼かれておられるらしい。テリーさんもかなりのラーメン通なのだろう。程なく到着。

このラーメンはフォトで紹介されていて、そのフォト通り刻んだチャーシューをトウガラシでピリ辛に炒めて乗せた具が何とも美味しそうに見えたが、現物はそれ以上であった。

それではと行かせて貰えばもうあなた、いやいやいやいやいやいやいや、もう美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い。

スープは豚骨と牛骨が利いたあっさり醤油味で、この絶妙なバランスは何とも言えない世界が広がるものであった。

麺もその裏方に徹した奥ゆかしいもので、そこにピリ辛の香辛料配分も絶妙なら、肉の質感もそんじょそこらにはない逸品のものでタマらない。

周囲では厨房の女将さんらしき方と、外におられる方とのやり取りが、なかなか和気あいあいで賑やかな店内。築地らしい活気と、威勢の良さを感じる事も出来る、素晴らしいお店でもあった。

いやいやいやいやいや、ゲキ旨ラーメン、ここにありだった。


(左フォト) ピリ辛ラーメン/店舗外観 (2009.10.17)


 中華そば 幸軒 (さいわいけん)

 住所:東京都中央区築地4-10-5夕月ビル1階奥 

 定休日:日曜日  営業時間:5:00〜14:00

 アクセス:東京メトロ築地駅(※相対式ホーム駅)東銀座寄り出口下車。新大橋通りの
       築地4丁目交差点を越して更に直進し、築地場外市場もんぜき通り先にある
       車道を左折して二つ目路地を左折。少し歩いた乾物屋さんとお茶屋さんの間
       の通路の奥にあり。

  


「山の彼方(あなた)の空遠く、幸い住むと人のいう。」 こちらの店名を知った時、自然とその詩が脳裏から出て来たお店であった。

また築地界隈に営業で、一段落付けて場外市場へ。先日は井上へ行ったが、その時にこちらを下見しようと探したが、結局場所が判らず終いだった。今回は住所を頼りに探すと、簡単に見つかった。普通の商店の奥にあった。

中に入り、数人の先客がおられる中、目の前のカウンタ席に腰を降ろして、メニューからチャーシューメン930円をお願いする。

今日も寒いなと思ったら、お店のTVのニュースでは、京都の雪景色が映っていた。雪の金閣寺。こうなると冬本番だ。常連さんとお店の方が和気あいあいで、しかも一見さんをなおざりにしない良いお店だった。程なく到着。

おお、ドンブリから香る香りが何ともかぐわしい。おお、これは旨い旨い旨い。豚骨牛骨のダシだそうで、サヤエンドウがそのスープの良い引き立て役。

ラードも入った感じで、やや低加水気味の中太ちぢれ麺がまた良いのであった。でまた、そこに入る自家製らしい煮豚チャーシューが程よい脂身が加わって大秀逸。もう、うっとりなチャーシューメン930円だった。気が付けば完食。いやいやいや、旨かった。

(左フォト) チャーシューメン (2005.12.06)


喜劇らーめん食べ歩きTOP