らーめん食べ歩き 
 龍公亭@千葉県市川市・南行徳

2005.11 店名に風情を感じる、家庭的なお店。
2005.11 醤油チャーシューメン


アクセス 東京メトロ東西線南行徳駅下車。駅近く徒歩およそ2分、市川市相之川4-4-15。
定休日 月曜日
営業時間 12:00〜15:00/18:00〜20:30


南行徳駅近くに、新店が出来たらしい。嫁さんからメールが来て今日は残業と言う事で、じゃっ帰りがけに行って見るかとなった。 ところが店頭に到着すると、店内は真っ暗。なぜ?かと思えば、定休日だった。

さてどうするかとなるところだが、あらかじめ次候補を見つけていて、そんな習性が役に立ち、そのお店に入る事にした。それがこちらで、店頭には何と「自家製麺・手造りの味の店」とあり、思わぬ自家製麺店に頬が緩むしかなかった。

さっそく中へ入ると、家庭的な雰囲気のある、食堂メニューも数多い、そんなこちらであった。そこそこの先客のフロアで、空いたテーブル席に腰を降ろす。

ふと見ると、時事ネタで盛り上がっているおじさんが二人、店内の小型テレビのニュースを見ながら、「おっこいつは」とか、「だからそーなんだよ」とか、逐一テレビに反応していたのだった。そんな横でメニューから、醤油チャーシューメン850円をお願いする。程なく到着。

鶏油が軽く香るものの、口にするとそう感じない仕様の、鶏ガラ系醤油スープでなかなかの持ち味。麺はさすが自家製らしい、独特感ある食感の細麺で素晴らしいもの。チャーシューは手作り感溢れる、肉の旨みがしっかりした、少し味噌っぽい味がする秀逸なものだった。

件のお隣さんと言えば、「いや、あいつの言う事はいつもそうなんだ」とか言ってさらに盛り上がっていた。そうのたまわっているおじさん達の横で、なかなかのラーメンが堪能出来た。

筑波軒店主をおじさん達の横に置いて帰りたい、ふとそんなことを思った秋深しな夜だった。

(2005.11.08)


喜劇らーめん食べ歩きTOP