ラーメンショップ 千葉・五香





白雲が浮かぶ、澄み渡る青い大空に、暖かな南風が軽やかにそよぐ、季節を押し戻した様な年末も近い休日の日曜日だった。

そんな今日は、また実家に所用があり出掛け、天気が良かった事もあり、自転車で来た帰り道に以前から気になっていた、こちらへ入店して見る事にした。

いわゆるチェーン系のラショで、随分昔からあった事は認識していたが、以前は確か夜営業しか、していなかった様に思う。

昔は近くの中古車店で、イスズジェミニの中古車を購入した事もあった程に、地元の行動範囲内にあるラーメン店だったが、五香駅から実家とは逆方向で、少し歩く事もあり未訪であったお店。

その後、私は実家から巣立ち、たまにしか前の通りを、行く事がなくなってしまった。ここ最近は昼営業もやっているらしく、実は自転車を走らせていた道すがら、ちょうど営業していたので、入店する事にした次第だったりした。

中に初めて入るとラショらしい朱色の、L字形のカウンター席があった。正午前の早い時間と言うのに、ほぼ満員で空いた席は数席しかない盛況振り。

ラーメンを提供するお店が、数軒ならぶ中で善戦している、街の人気店と言えたラーメンショップだった。メニューから悩んだ末に、醤油味中盛りの中ネギラーメン750円をオーダーした。

厨房では店主が、平ザルを軽妙に操り麺を茹でており、奥さんらしい方ともう一人の女性の計三人が厨房の中におられた。

店頭と厨房には、丸に「あ」の文字が刻まれた麺箱が積まれており、店頭の「うまい」の文字は少なく、三つ無かったが、純然なラーメンショップのお店と言う事がその麺箱で判った。

麺茹でを見ていると麺のコシを、高めるノウハウが高そうだった。大抵の先客は、味噌ネギラーメンを食している。

私も味噌にしようかとも思ったが、ラショ自体が久々で、ラショの醤油味が恋しかった。

目の前にあったズンドウには、様々な食材がグツグツと強い火力で炊かれており、本格度も高そうだった。程なく到着。

おお、ラショらしい特徴的な幅広のドンブリには、豚の脂が表面を覆い、やや白濁したスープがたっぷりと入っていた。

それではと行かせて貰えば、何とも素晴らしく、もう旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い、いやうまい。

ひとあじ違うその醤油味スープは、ラショらしくもあるが、ややオリジナル感も感じられる脂具合。麺はびっくり水の効果もあってか、ラショにしてはコシの比較的高い良さがあった低加水中太麺と言えた。

ネギの風合いも良く、細切れチャーシューもまたいい感じで、判る人には判る洗練と熟練の上で成り立つ、その出汁のスープと麺に絶妙な持ち味があった。

気が付けば完食。やはりラーメンはネームバリューで、語る事は出来ない料理と、再度感じる事が出来た、うまいうまいうまい、ラーメンだった。

店頭の「うまい」の数は少なくとも、一歩リードしたラショだった。いや、とっても、良かった。


(左フォト) 中ネギラーメン/ラーメン拡大フォト/店頭外観 (2008.12.21)


 ラーメンショップ 五香店 

 住所:千葉県松戸市五香西2-50-3  定休日:火曜日  営業時間:11:30〜19:00

 アクセス:新京成電鉄線五香駅西口下車。松飛台中央通りを進んで行った右側。徒歩10分。



喜劇らーめん食べ歩きTOP