リンハウス 東京・末広町





朝から陽射しが降り注ぎ、時折り強い風の吹く、九月・長月・祭日明けの水曜日だった。

末広町の交差点から少し上野寄りの路地を入った場所に、左右に赤い柱が立つちょっと目立つ中華店がある。

それがこちらで、ネットで調べると、本格的な四川料理を修行した、林(リン)さんのお店と言う事らしい。気になっていたので、本日はこちらでランチにしてみた。

正午を少し過ぎた頃に入店すると、ランチタイム真っ盛りもあり、かなり盛況を極めた店内だった。

相席を了承して着席してランチタイムメニューから、海老ワンタン麺と半炒飯にサービスデザートが付いて、750円のセットメニューをオーダー。

半チャーハンはランチサービスと強調しており、これは半チャーハンがいらない方の時の為の様。

店内を眺め渡すとお客さんは若い女性が多めで、横浜中華街の中華飯店の様な室内装飾が施してあった。程なく到着。

おお、いかにもあっさりした黄金色に近い透明な塩スープに、中細ややちぢれの麺が泳いでいた。そして赤い身が透けて見える海老ワンタンに、青菜とモヤシが添えられていた。

それではと口にすれば、やや塩気が立っているものの、それ程の濃度でも無く、化学調味料に頼っている風情も無く、膨よかなうま味が前に来るスープ。

麺もなかなかの風情があり、それはもう旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。海老ワンタンが、また泣かせるものだった。

半チャーハンに本日のサービスデザートの杏仁豆腐も、まずまずの美味しさがあり、これで750円と言うのはかなりお徳感が高いもの。

見栄えだけ良くして800円を超える、セットプライスメニューを提供する中華店もある中で、大変に良心的なお店だった。

気が付けば完食。いや、良かった。


(左フォト) 海老ワンタン麺/半炒飯/杏仁豆腐 (2008.09.24)


 中華風居酒屋 リンハウス

 住所:東京都千代田区外神田6-15-16長坂第一ビル1階

 営業時間:11:30〜14:00/17:00〜23:00  定休日:無休

 アクセス:東京メトロ銀座線末広町駅下車。中央通りを上野方面へ向かい、二つ目の左路地を
       曲がり少し進んだ右側。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら

店内は、純・中華人民共和国的内装。 本格四川料理を修行したリンさんのお店。



喜劇らーめん食べ歩きTOP