第一回東葛地域オフ会@
らーめん超ひがし皐月編


本日の午前中は松戸駅近くにオープンした新店へ訪問した日で、その後所用が出来てしまい、JR市川駅行きの京成バスと総武線電車を利用して本八幡に出てそれを済ませた。それから自宅に一度戻って陽がとっぷりと暮れてから、このオフ会があると言う事で再度外へ出掛けた私だった。

それほど寒くはないものの、黄昏てから充分な時間が経ったそんな頃は、何処か物憂げになりそうな時間だ。店頭へ早めに到着してしまったので、近くのダイエーで時間を潰してからこちらへ入ると顔馴染みの三人がおられて、挨拶してその座卓に加わり、かくてオフ会が早速始まった新しいひがしの店内であった。

前半はあまり知らないサッカーネタに話題に乗れなかったが、ラーメンの話しとなればマシンガンの如くしゃべりまくった。後半になってから山路氏が来られて更に盛り上がったものだが、某柏御大がそれまでの矛先を変えて、ひがしの夜は更けて行った。てっきり靴を間違えた程度かと思いきや、色々な出来事があからさまになって或る意味大変盛り上がって、ひがしの夜は更に更けて行ったのだった。

それにしてもまた松戸に戻って来て良かった新しいひがしさんであった。実は稲毛の店を辞めて間もない頃ある消息筋の話しでは大会社の社長のお抱え運転手になったと聞いた事もあったが、そこらへんをお聞きして見ると運転手は運転手でも運送業で卵を搬送するお仕事だったそう。

様々な料理の数々はしみじみとした味わいで実に美味しく、ひがし伝説の裏メニューの焼きラーメンである「あおりそば」もかなりイケていたし、こちらの人気メニューでまだ一度も口にしていなかった「のりしおラーメン」をシメのラーメンで口にしたが大変に美味しいラーメンだった。

馬橋の地に創業して十二年が経った同じ松戸市内で、こうして「ひがし」の独特で王道感のある煮干しが利いたラーメンを口にできて感謝せずにはいられなかった。お会いしたかった某なべ氏は残念ながら会議で来られず、宴たけなわの内に散会した久々のひがしでのオフ会であった。

(2010.11.19/2010.11.20UP)



ホタテ紐の煮つけ


サトイモのあんかけ


もろきゅう


クラッカーのオードブル


水菜のクラゲ酢合え


鶏のから揚げ


あおりそば

ぎょうざ

のりしおラーメン


喜劇らーめん食べ歩きTOP