らーめん食べ歩き 
 拉麺道場@千葉県船橋市・下総中山 ※閉店

2004.10 ここは「試合中」らしい。
2004.10 醤油ラーメン

2006.08 リニューアル後の店頭

2006.08 チャーシュー麺


アクセス

JR総武線下総中山駅北口下車。ロータリー左手パチンコ店の裏側徒歩1分、船橋市本中山2-23-1。
定休日 月曜日(祝日は翌日)
営業時間 11:00〜23:00頃


こちらがリニューアルをしたらしい。自掲示板にもお書き込みがあり、どう変わったのか気になる所となり、本日の夜ラで行って見る事にした。

店頭に到着すると、黒を基調とした和の風情。なるほど、これは変わった。ラーメンの文字が拉麺と漢字になって、試合中の札も消えていた。

しかし、以前の店名看板が、大事そうに店頭で飾られていた。その古い看板がある事である程度の推測が思い過る。中に入ると、店頭そのままのイメージの店内が広がっていた。

メニューに目をやればラーメンは醤油味一本で、細麺と太麺が選べるインフォ。厨房の方も新しい方がおられた。つけめんまであったが、ここはチャーシュー麺750円を、太麺でお願いする。

付近は駅前の裏路地と言う風情。低い屋根が、郷愁を誘う周辺。チャーシューは直前に切っていた。程なく到着。

荒切りの青ネギに、ダシはそんな変わらない感じだが、以前の様な生姜感は無く、分りやすい鶏ガラスープ感に、豚骨も入っている風情。

チャーシューはまずまず。レトロな醤油ラーメンの気配は消えていた、お洒落な和の風情のお店となった、「ラーメン道場」だった。

時代はいつも、点から変わって行き、ひとつの景色が出来上がって行くのかも知れない。

(2006.08.03)


某店を出てJR本八幡駅前のドトールで一服してから、こちらへ行って見るかという気になり、腹ごなしに一駅歩く事にした。京成電車だと二駅になる道程。千葉街道を歩き、およそ20分程度だった。

某大御所掲示板でその存在を知り、店頭に立つ。見ると入口には試合中の札。思わず、店頭に「勝負中」とある某店を思い出した。中へ入ると、どこか大衆酒場の風情。醤油・味噌・塩とあるメニューから、醤油ラーメン525円をお願いする。

30年くらい前から中華料理店を始めて、8年程前からこの店名でラーメン専門店にされたらしい。程なく到着。

スープは、生姜香る東京醤油で、麺は中細でまずまず。チャーシューも厚く、シナチクともまずまず。油感が昭和50年代と言う感じのラーメンだった。

ここ数年でJR下総中山駅前は再開発で随分と変貌したが、ここは昔の風情を留めた、良き昭和後半を語るお店であった。

(2004.10.06)


喜劇らーめん食べ歩きTOP