来々軒 千葉・本八幡



晴れ渡る空から、眩しい陽射しがアスファルトを照らし、桜の蕾がまたにわかに広がりを見せ始めた、春うららかな三月の土曜日。晴れ。

醤油ラーメンを初めて提供されたと言われているのが、明治43年の当時浅草にあったこちらと同じ店名の店で、このサイトでも何度か登場している店名であり、日本国内に数多く見られる店名と言える。

その来々軒が、市川市内のしかも本八幡駅周辺にある事は以前から知っていて、実は二度ほど店頭に立ったが、その頃の私の休日が水曜で、何れも休業だった事があった。

そんな訳で、店頭にいわゆる三度目の正直という奴で立つ。赤い暖簾が粋な感じで揺れて、その中華店は風情良く佇んでいた。

住宅街の中で、繁華街や商店街とはかけ離れた場所の立地。中に初めて入ると、先客なしでテーブルが二つの狭い店内。

どうやら出前が中心に成り立っている様子。椅子に腰掛けてからメニューを手に持ち、そこからワンタンメン680円をオーダー。それほど高齢で無い、ご夫婦が営んでおられた。

30年位前から営業しているそう。メニューにはドンブリものや、豊富な中華料理店のそれに加え、ポークソテーや海老フライ等の西洋料理も並んでいた。程なく到着。

おお、あっさり醤油のスープで、軽くゴマ油が香って食欲がそそられるもの。麺は熟成している感じのモチモチした中細ちぢれで、骨から滲み出た様な脂の風情がまた良いスープ。

鶏ガラに豚骨も利用しているそう。ワンタンもまたモッチリと来る食感で、肉の餡はやや少なめだがたっぷりと入って大変美味しい。

そしてチャーシューは質実剛健タイプの硬質感があり、麹が香って来るのが良かった。これにサヤエンドウとメンマが入り、ボリュウムも高めで嬉しい量が良かった。

あなたの街の中華店も、是非見直して入店して見てはいかがだろうか?気が付けば完食。精算時カウンタ越しの大きなズンドウに、いい色の出汁スープが見えた。 いや、良かった。

(左フォト) ワンタンメン/店舗外観 (2008.03.22)


 中華西洋料理 来々軒 (らいらいけん)@本八幡

 住所:千葉県市川市東大和田1-5-20 定休日:水曜日 営業時間:11:30〜21:00

 アクセス:JR総武線本八幡駅南口下車。ロータリーから垂直に伸びる道路をずっと進み突き
       当たりを左折して少し歩いた場所、徒歩およそ10分。



喜劇らーめん食べ歩きTOP