来々軒 東京・東陽町

本日は木場駅で下車して東陽町界隈まで足を延ばして営業周りで、話題のタンメンのお店で昼食を済ませ、もう一軒の気になっていたこちらにも入店する事にした。昭和36年にこの木場で創業して、タンメンとギョウザのセットを古くから、タンギョウと呼んでいたこちらであった。そんなお店であったが、しばらく前に休業が多くなった事は知っていたが、どうやらいつの間にか一度閉店したようであった。

店主が体を壊された事が原因だそうで、私も壊しただけにその後が心配な所であった。そんな折りに何とこちらが復活する事を知り、愛される老舗中華店は今月1日より営業再開を果たした。



列の後ろに並んで、思ったよりそう待つ事なく入店。店内の雰囲気を確認しながら、促されたカウンター席に腰掛けた。さっそくオーダーを聞かれ、さっきの今もあり、発した言葉は「あ、ちゃんぽん ・・・」。

すぐにタンメンと、オーダーを言い直した。体を壊した店主は体調を持ち直したそうで、現在は朝と夜だけこちらに来られているそうで胸を撫で下ろした。

店の運営は常連さんが脱サラして弟子入りした方が二代目を継いだそうで、見るとそれらしき方が厨房で奮闘されていた。程なく到着。おお、こちらもまた紛れもなく美味しそう。

前レポでタンメンの歴史について触れたが、そのタンメンとは一般的には鶏がらスープに炒めた野菜を入れた麺料理で、平打ち麺が主流で関東地方から広まったラーメンだ。

ちなみに西日本では、まず見る事がないらしい。それではと行かせて貰えばそれはもう、美味い美味い美味い美味い美味い。

同じ街の中と言えども、違う厨房に作り手が変われば、当然ラーメンも変わるものだが、思ったよりいい感じであった。

あのタンメンは特別なレシピで生まれるものでは無いし、大事なのはやはり木場の来々軒が引き継がれていると言う事実に終始すると思う。

カウンタの調味料入れにはラー油も置いてあり、以前の店ではタンメンにそれを掛けて楽しんだ常連さんが多かったようで、それを奨める案内がその側にあった。

後半になってからやや多めにそれを回し掛ければ、もうこれがいやいやいやいや、美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い。

自家製のラー油だそうで、こちらに来たらこれをしない手はない美味しさであった。

ボリュウムがかなりいいタンメンで、浅草開化楼さんの伝統的な中太平打ちの玉子麺もあり、満足できたタンメンであった。

もうそんなわけで気が付けば完食である。なお以前は色々なメニューがあったこちらであったが、なんと現在はタンメンと餃子のみで、後はご飯とビールしか無く、そこら辺は想定外な私であった。

いずれにせよ、いや、こちらも良かった旨かった。

(左フォト) タンメン/店舗外観 (2009.11.07)


 来々軒@東陽町

 住所:江東区東陽3-21-4  TEL03-6458-6368  定休日:月曜日  営業時間:10:30〜21:00

 アクセス:東京メトロ東西線木場駅出口3下車。永代通りを東陽町方面へ向かって行った右側
       歩道上にあり。隣り駅東陽町駅出口2からも徒歩圏内。



  2009.11.07 トタン屋根がまた雰囲気を高める店内。   2009.11.07 自家製ラー油を、タンメンにも投入して見よう。


※江東区東陽1-25-5時代。【当時〜火曜・第2・4水曜定休・10:30〜18:00】
冬色の青空に、気が引き締まり、華麗に葉を黄色くさせた銀杏が、そぞろに冬の始まりを感じさせる12月初旬の好天日。今日は錦糸町方面に社用が昼時にあり、車で出掛けて永代通りの途中で、ふとこちらを思い出した。その名は、来々軒。

一度水天宮近くの同じ店名の店を訪問したが、そう言えば丁度一年前の同じ時期。こちらは、タンメンと餃子が人気だそうで、他とどう違うタンメンと餃子なのか、食して見たいと思っていた。

そんな訳で車の中から、某店の行列の長さを確認しつつ(おいおい)、コインパーキングに車を入れて入店。中程のカウンタ席に着席。メニューに、チャーシュータンメンはないのかなと確認。お、あった。チャーシュー、ワンタンメン・・・・・・。予定通り、タンメンと餃子をオーダー。

国内津々浦々にありそうな店名。この店名を眺めるたびに、赤塚アニメのキャラクターが出て来る。子供の頃にラーメン屋と言ったら、入った事も無い来々軒だった。程なく、餃子が先に到着。デジカメなし、またケータイカメラで、カシャ。

2006.12 タンメン 2006.12 餃 子

餡がぎっしり入り、皮に厚みがあり、ひと回り大きな餃子が五個。これがなるほど、なかなかな美味しさ。皮のコゲも絶妙。そしてタンメンが到着。おお、口にすると、これがもう、旨い旨い旨い旨い。胡椒に甘塩の様な感じに、野菜の特にキャベツの甘みが加わったタンメンで、こんなタンメンは初めて。基本的な要素は同じだが、どこか独特に感じさせるものがあった。麺はプリプリした平打ちで、これまた良かった。気が付けば完食。

それにしても、店内の殆どの方がこのタンメンと餃子で、そのオーダーが入ると、「タンギョウ!」の声が飛び交う。 いや、良かった。

(2006.12.04)


喜劇らーめん食べ歩きTOP