らーめん食べ歩き 
 ぽっぽっ屋 行徳店@千葉県市川市・行徳※閉店

2005.06こちらは、ぽっぽっ屋直営店。
2005.06ら〜めん


アクセス 東京メトロ東西線行徳駅改札を出たら前方にあるバス通りを左に歩き、行徳バイパス(県道)を左折する。しばらく歩いた左側。徒歩およそ5分、市川市湊新田1-3-15。
定休日 年中無休
営業時間 11:30〜15:00/18:00〜1:00※土日祭日は中休みなし


初夏の陽射しが続く六月上旬、新店が続く。一度行った事もある、日本橋・小伝馬町のぽっぽっ屋本店直系のお店が、何と行徳に出来たらしい。中野に続くそうで、他はフランチャイズ店らしい。日曜日まではオープンセールで、それを避けて本日行く事にした。もちろん本店と同じ二郎テイスト系のお店。

久々、行徳駅で下車する。行徳バイパスに出て少し行くと、開店前の「どさん子娘@行徳」が見えた。以前、この近くの相之川に住んでいた時期、よくそこに行ったもので、他所がガラ空きでも、いつも人気があって混んでいたお店で、食べ歩く様になってから行ってないなと、そのお店の前を通り過ぎて、比較的近いこちらに到着した。

場所は元餃子専門店のお店だった様で、餃子の文字が、ドドンとあった。正午近くだったが、駅からやや離れた主要道沿いのオープンしたての新店の所為か、先客は数人程だった。「いらっしやいませえ〜」と、目と鼻の距離のすぐ目の前で大声。元気はつらつ〜?である。いや、元気があるのはとても良く、お通夜みたいだと、逆に困ると言うもの。券売機でら〜めん650円を買って、すぐ近くのカウンタ席へ着席する。

先程の方が来られ、「どうなさいますか?」との事。 「じゃ、今日は刈り上げて貰って、おでこに髪が当たらない程度で・・・」と、言うわきゃない。指を指した先を見ると、タマネギ・ニンニク・野菜・脂増しが出来るインフォがあり、それではと、タマネギ・野菜増しでお願いする。さすが二郎系。程なく到着。

二郎系と言っても、壮絶盛りと言う事もなく、丁度良さそうな盛り加減のラーメンが到着する。スープは本店とほぼ同じで、なかなかな旨さ。これはやはりクセになりそう。麺は例の極太ちぢれだが、麺本来の良さが、サクッと来て大変に良かった。そ、そうだったのか、である。(^-^;  豚も良いし、気がつけば完食。これは良かった。外へ出て、しばらく歩いても今のお店の方の声が、フーテンの寅さん一家の会話の様に、外へ響き渡って聞こえていた。元気ハツラツらしい。

(2005.06.07)


喜劇らーめん食べ歩きTOP