らーめん食べ歩き 
 ぽっぽっ屋兜町店@東京都中央区・兜町※閉店〜「めん處さんば」味変え店名変更

小伝馬町とは、経営が違うぽっぽっ屋。
2006.01 ラーメン野菜玉葱脂多め

2006.01 つけめん野菜玉葱脂味濃いめ

2006.01 キーマカレー大盛(サラダ付)


アクセス 東京メトロ茅場町駅日本橋寄り改札下車。坂本町公園そば、中央区日本橋兜町11-11。
定休日 日曜・祝日
営業時間 11:00〜14:00/17:30〜21:00(土曜午前営業のみ)


先日こちらでラーメンと一緒に食した、ミニサイズのキーマカレー。思いの外に、これが美味しかった。大盛で食べたいと、素直に思った。

そんな訳で帰りがけに入店。券売機で、ミニサラダ付とあるキーマカレー大盛を選び、手前右奥へ着席して、券をお店の方にお渡しする。ま、何気無い大盛だろうくらいに思っていた。程なく到着。

お、おそるべしな量なのだった。プ、プロトカルチャア・・・(あ、古い)、である。初めのうちは旨い旨いと食べ進むが、後半は、ま、まだある、だった。それでも、ともあれ、何とか完食。いや、食った。

(2006.01.31)


会社帰り、またこちらへ入店。つけめんでも、脂多めで行きたくなったりした。券売機で大盛券も買い足し、野菜玉葱に脂多めで、味濃いめでもお願いしちゃう。程なく到着。

昼食べたつけ麺が女性らしい繊細さと書いたが、こちらはそれに対して、ジャンキーな程に男性的。型破りな太ちぢれ麺がよりいっそう、そう感じさせる。

浅草開化楼の麺なのかな?と思っていたが違うそうで、湯島・大喜が自家製麺になる前に利用した製麺所らしい。

お店の方と世間話しをしながらそれを知ったが、その後でお店の方の二人の会話を聞いていると、「開化楼って、浅草にあるんだぁ」って言う位だから、ずうっと浅草開化楼では無かった感じ。

閑話休題。つけ汁は酸味感があり、玉葱や脂多め等の効果で、さらに楽しめる事が出来たつけ麺なのだった。いや、良かった。

(2006.01.25)


そう言えばカレーも食べたいし、脂多めで行って見たいしと言う訳で、またこちらへ入店する。ランチタイム後半なのか比較的空いていて、券売機でラーメンとミニキーマカレーの券を買って、列も無く空いた一席に腰を降ろす。もちろん盛況な店内。まずカレーが到着。

これが旨い旨い旨い。ミートココナッツミルクカレーと言う感じで、なかなかな美味しさ。これだけの大盛で、食べて見たいところ。続いて、ラーメンも到着。

やはり脂が味をよくして、こちらも旨い。食べ終える頃、社外ラーメン通の方が入って来られ、思わず御挨拶。よく来られるらしい。ラーメンは大盛では無かったが、ミニカレーも比較的多めで、程よいクル満腹感。いや、食った。

(2006.01.24)


ランチ時に、つい寄りたくなるお店で、周辺の方々も考えが同じ様で、今日も盛況な店内。そんな今日は券売機で、ラーメンにミニカレーもあったが、つい無意識で大盛ボタンを押してしまい、気が付けば味玉ボタンも押していた。

ミラクルなお店である(今時使わない)。運よくすぐ座れて、券を渡す際に、「野菜玉ねぎ多め」と言ってお願いする。程なく到着。

たまたま比較的いつもより脂が多めで、このスープ感が良かった。次回は脂多めが良さそう。で、極太ちぢれの麺が絡み、なかなか。やはり玉葱が良いシフトを作る。気が付けば完食。お店の方々の掛け声も元気があり、それでいて大き過ぎない声。いや、良かった。

(2006.01.18)


深夜に雪が降っていた様で、朝起きれば所々にだけ銀世界。既に止んで落ち着いており積もっておらず、通勤を考えれば一安心なのだった。ただ、寒い寒い。茅場町に着くと、雪は微塵も無かった。

二郎っぽさにひかれて、またこちらへ入店。券売機でラーメンに大盛券も買って、今日は券を渡す時にコールを聞かれて、思わず「野菜玉ねぎ」。程なく到着。

やつぱり、二郎っぽい良さがキラリである。量的にも二郎程では無いにせよ多い方で、ランチタイムもあって後続の方がひっきりなしなのも頷ける。極太ちぢれの麺に、脂感が良い感じ。チャーシューも、薄いものの美味しい。

今日は寒いのもあって初めに一味を多めに振りかけて食したが、これがヒットで更に美味しく感じられ、汗が後半かなり出て暖まる事も出来た。いや、良かった。

(2006.01.10)


今日も営業に出ないもので、こちらへ入る事にした。二郎踏襲シフトのお店。券売機でミニカレーも考えたが、結局ラーメンに大盛の券も買い、野菜多めでお願いする。程なくお隣りのラーメンが到着。・・・・・・ 玉ねぎ多めも加えてお願いする。程なく到着。

本店と較べると、しっかり茹でた麺が入り、麺としてはこちらの方が好き。スープもラーメンとしての役割を考えればこういうのも良いと思う。玉ねぎ多め、これも追加でお願いして良かった。

(2005.12.27)


現在勤めている会社の部署内では、既に無類のラーメン好きと、殆どの方に知れ渡っている様で、先日会社に出勤すると、どなたが置かれた、こちらの味玉無料券があった。滝ナミダである。思わず合掌、ありがたやだった。
これは使わねば、である。

そんな訳で、日本橋界隈営業もあり、こちらへ入店するのだった。券売機で、ラーメンに大盛券も買い、件の無料券と共に、お店の方に「野菜多めで」と言ってお渡しする。ちなみにその券には、キーマカレーライス新発売のインフォがあり、でもカレーラーメンは見送られていたのだった。程なく到着。

比較的大きい味玉がドンッと乗って、改めてありがたや。 で、また麺の量が半端でなく、極太うねりが食べても食べても、スープの中から繰り出して来ておそるべしなのだった。

チャーシューが、がんこ並みの大判で分厚く、がんこのチャーシュー麺のチャーシューに匹敵するくらいのグラム容量で、しかも美味しく、件の味玉もトロリとして良かったのだった。いや、食った。

(2005.09.30)


ラーメンとは、飲食の一手段に過ぎないが、専門本が売れる程に、人を魅了する食べ物なのは何故か?と思う。

似ている食べ物と言えば麺類に多々あるが、これ程迄に麺・スープ・具、それに温度・土地柄、そして油で味や食感が変わるのは他に類を見ないからかと思う。何しろ同じ食材を使って違う味が出来てしまうのも大きいと思う。閑話休題。

そう言えばこちらのカレーラーメンは始まったのか?と、会社帰り入店する。しかし、カレーラーメンのボタンどころか、インフォが全て消えていた。ここまで来ると潔い(おいおい)。仕様がないので、つけめんに大盛ボタンを押して850円。程なく到着。

醤油ラーメンを、スープと麺にセパレートして、一油加えた感じで、麺がよりワシワシしていた。これはこれで、なかなか楽しめたつけ麺で、割りスープもちゃんとあり美味しかった。

(2005.08.02)


昨夕のTVニュースでは、関東の梅雨明けを伝えていて、起床すると蝉が鳴き始めていた、連休明けの火曜日。二郎模倣系って聞くだけで、ボリュウム感を感じると思う。そんな訳で本店と経営が違うこちらへ、会社帰りにまた入店する。

今日はデフォルト醤油味の、ラーメン680円を券売機で選び着席。これを食べれば自ずと見えて来るし、である。野菜・玉ねぎ多めで、半ライスもお願いする。程なく到着。

一つ言える事は、デフォルトで脂が少なめ。その分鶏ガラ系っぽい判り易いスープで、水分の少ないゴワゴワした極太うねり麺を食べる。それにしてもチャーシューがトロトロ系の中では薄味で好きなシフト。

多めの具をがっつりと食べさせてくれるのがやはりたまらない。なるほど本店とは似て非なる、兜町店のデフォルトラーメンであったが、玉ねぎがスープの旨味を高めて、キクラゲの食感のプリプリさが良かった。

店長っぽい方に、「本店は小伝馬町ですか?」と尋ねたら、「はいそうです」との事で、特に問題は無さそうだった。 のか?カレー味は、今月中には再開したいらしい。

(2005.07.19)


いつも茅場町駅を出て、意外と緑の多い坂本町公園の前を通り過ぎて会社へ向かう。都会のオアシス的な比較的広い公園。20年前は確か地味な公園だった。

そのすぐそばにも、ラーメン店がある。それがこちらで、小伝馬町のお店とは同じ店名だが、違うお店と言うからこれまた複雑。良い意味で競り合っているのなら良いが、である。何れにせよ会社帰りに行って見る事にした。

陽が落ちる、ぎりぎりの時間に中に入店。券売機があり、夕方からだけ提供しているらしい、限定の海の塩らーめん750円に、チャーシュー200円に大盛100円の券を買いカウンタ席に腰掛ける。

半ライスがある様だが辞退をする。すると、「無料トッピングどうします」とすぐ来たので、初入店もあって思わず、「じゃ、メンマ辺りで」と、つい言ってしまったが(これも事実)、やはり二郎スタイルと言う訳で、野菜・玉ねぎ・ニンニク多めに言い直す。

インフォには、魚介ダシに一万五千年前の塩が、うんたらかんたらとあり、なるほど本店とは関係がなさそう。程なく到着。

しかしビジュアルも麺もほぼ本店だから、もう複雑極まりない。スープも脂も油感も、これがなかなかと言える程で麺もこれだから楽しいラーメン。

ほぼ同じ感じではあるが、違うシフトが随所に見られた。魚介ダシとあるが、小エビ等の魚介具材が入るだけで、煮干しを効かせているとか言うものでは無かった。

券売機にはカレー味なるものもあったが、研究中だそうでボタンが押せない様になっていた。脂こってり系の割りには、さらりと来て大変良かった方だった。

(2005.07.12)


喜劇らーめん食べ歩きTOP