らーめん幌 千葉・新検見川







淀んだような夏の雲が煌めく夏の陽射しを隠して、とは言え過ごし易い曇り空が広がっていた、夏らしいといえば夏らしい天気の7月下旬の休日月曜日だった。

先日触れたが夜の閉店時間をネットの情報を最新のものと思い込んでしまい、午後8時半過ぎに訪れると既に閉店した後の時間で当日は食すことが出来なかった。

こうなれば休日を利用して出掛けるのみ。そんなわけでまた総武線緩行電車に揺られ、正午前に新検見川へ降り立った。

駅から歩くこちらだったが、曇り空でしのぎ易い天気で汗が出ることも無かった。先日も立った店頭に到着。以前は緑色に染まったビニールシートに店名と幌馬車が描かれていた。

しかし台風か何かの突風で飛ばされてしまったのかそれが無くなっていた。骨組みだけが残っていて、入口の左側にある大きな赤い暖簾だけが店名を表記するのみだった。

大事な店舗のビニールシートが飛ばされてしまい、店主にとってかなりショックだったことだろう。そんなことを思いながら入店して、先日の件をお詫びしつつカウンター席へ腰掛けた。

メニューから本来なら味噌ラーメンがウリのこちらだが、以前食した塩ラーメンがかなり良かったことを思い出して結局また塩らーめんをお願いした。後からまたチャーシュー増しにして貰うことにした。

ちなみにヤキラーメンや塩味のタンメンに醤油味のタンメンもあった。入口の扉が開いていて、勝手口も開いて良い風が店内を駆け抜けていた。何度となくまた来ようと思っていたこちらだが結局7年ぶり。

先日はパンケ@八千代台へ訪問したが、そのことを報告すると大久保の方かと尋ねられてしまった。そう言えば店主の実兄が営業されているそちらにも行ってみたいところだ。程なく到着。

7年ぶりの塩チャーシューとご対面。そこから感じられるオーラは、むしろ強くなっていた。それではと行かせて貰えば、せつなくなるほどに実に味わい深い美味しさ。

炒めた野菜が盛られる塩らーめんで、それは味噌だれのない味噌ラーメンと言うスタイルのもの。ありそうでなかなか見受けられないがこれが実にとんでもなく良い。

やはりチャーシューが絶大に素敵で泣けるうまさ。以前は西山製麺だったそうだが、現在はこちらもまためんつうの麺を利用しているそうで、この中細麺がまたなかなか乙なものだった。

プリプリのキクラゲも素敵で、気がつけば完食。いや、とんでもなく果てしなく美味しいかなり良い塩チャーシューだった。

(左フォト) 塩らーめんチャーシュー増し/店頭/途中に京成撮影スポット/遠景 (2012.07.23)


 らーめん幌 (ポロ)

 住所:千葉県千葉市花見川区検見川町5-165-9

 定休日:火曜日  営業時間:11:30〜14:00/18:00〜20:00頃

 アクセス:JR総武線新検見川駅南口下車。階段を降りた位置から駅前ロータリー左から回り込んだ
       奥のバス停近くにあるスロープを降りて右に進み、海側方面へ600mほど直進。立体交差
       の右下の道を降りて右折。150m先のY字路の場所にあり。徒歩およそ12分。

2005.04 パンケ大久保店主実弟のお店。 2005.04 塩チャーシュー


以前から気になっていたお店で、今回こちらへ向かうことにした。ところが付近を探しても見つからない。途中で読売新聞の方にお聞きしてやっと見つかった。何て事はない、国道14号脇の、どこかひなびた道の途中のY字路の入口にあった。

丁度、ランチタイムとあって盛況な店内。やはり船橋のコタンと同じパンケ出身とあって、西山製麺のお店で、西山ラーメンとある春夏秋冬のポスターが、旅心をかき立ててくれる感じだった。

大久保パンケ店主の実弟の方らしい。メニューから、しおチャーシュー1050円をお願いする。少し腰を上げると、ダシスープのズンドウが見え、様々な食材が浮かんでいた。程なく到着。

湯(スープ)は透明黄金色で、モヤシ等の具材が入り、タンメン風。チャーシューがワイルド感があり脂多めで、ダシで旨みが多少抜けているものの、これがとってもなかなか。

麺は中細ちぢれで、旨みたっぷりのスープを上手く持ち上げてくれる。気がつけば完食。

清算時お店の名前についてお尋ねすると、札幌ラーメンと言う事で札幌の幌と言う事らしい。「恋の町札幌」である。「ほろ」と読むかと思ったら「ぽろ」だった。

ブランドの名前のようだ。店主は雰囲気が渋く、良き時代の上条恒彦か三国連太郎か、だった。う〜ん、これは良かった旨かった。電車の乗って駅から結構歩くが、来た甲斐があったお店であった。

(2005.04.23)