らーめん食べ歩き 
 ラーメン和尚@東京都国分寺市・国分寺※奥多摩に移転

2005.03 国分寺時代の店舗外観。
2005.03 しおらーめん


アクセス JR中央線国分寺駅徒歩8分、国分寺市本多2-16-19山崎コーポ102。
定休日 月曜日
営業時間 11:30〜20:00頃迄※スープ終了まで


某店を出て一服した後、またJR中央線に乗車。国分寺駅で下車して、ラーメン本の地図を頼りにしてこちらに向かった。西武線脇の路線バス専用道を歩いて係員に怒られつつ、随分と迷歩した上で、何とか到着。

店内に入りお店の方に、遠方から来て頼りにした本を見せると、「それはそれは。あら、その本だけ地図が解りにくいんですよ」との事だった。 ・・・・・・・・・。 気を取り直してメニューから、しおらーめん680円をお願いする。

昭島で出前専門店をしていたお店が、数年前にこちらの地に移転して来られたらしい。ステンレス塊をドンブリに投入して、二度炊きする手法を使う事で有名らしい。程なく到着。

なるほど、なかなかの旨みがつまった白濁スープで、思った程魚介は前に出づ美味しい。麺もなかなか良い方。燻製されたチャーシューも秀逸で、山クラゲらしい食材の食感が面白かった。

店名からして、和の内外装をイメージしていたが、来て見ると然に非ずで、なかなかお洒落な店内空間を演出していたが、漁船の大漁旗があったり、店頭のアンバランスが気になった。

たまたまなのか、午後一時過ぎに入店した時に先客がゼロで、結局後続客もご夫婦一組だけで落ち着いて食せたが、やや気になる所であった。旨いラーメンだっただけに、もっと流行って欲しい所であった。

(2005.03.18)


喜劇らーめん食べ歩きTOP