らーめん食べ歩き 
 らーめん おんぱと@東京都千代田区・神田須田町※閉店

2008.01 アキバで、二毛作営業のお店。
2008.01 揚げネギ&揚げごぼうがサービス。

2008.01 塩味玉らーめん

2008.01 醤油チャーシューめん


アクセス

都営新宿線岩本町駅下車。靖国通り沿い中央線ガードそば、千代田区神田須田町1-18-2にあった。


昨日辺りから関東は大変に寒くなり、今日も朝から凍えそうな冬景色。出掛けるのをやめようと思ったくらいだったが、嫁さんがUSBメモリーを買いに出掛けたいとなり、私も更新したいPCソフトが出来たので、寒空の中を嫁さんと二人で秋葉原へ出掛けた。

そんな訳でまだ未食で気になっていた、こちらへランチ時に入店する事にした。私が秋葉原の職場を去った後に出来たお店で、2006年12月にオープンしたらしい。その店頭には、午後一時頃到着。

見ると最近夜営業の際に、店名を変えるスタイルにした様で、それまで提供していなかった味噌らーめんを夜限定で始めた様。夜の店名は、「みそらーめんokajin(おかじん)」と言うらしい。

中に入り、右手にあった券売機で、嫁さんは塩味玉らーめんを選び、私は醤油チャーシューめんを選択して、先客3名の空いた店内の、券売機前のカウンタ席に着席。カウンターには無料サービスの、揚げネギと揚げゴボウが小振りの容器に夫々用意されていた。程なく到着。

醤油チャーシューめんは、チャーシューがドンブリからこぼれんばかりのチャーシューで、その味もなかなかいい感じ。醤油スープは、鰹節が前に来た感じの、あっさり和出汁系。麺は中太やや縮れの多加水麺。

嫁さんの塩スープを試飲して見たが、その印象は醤油味スープとほぼ同じ。前評判が良かったので期待して来たが、なるほどなラーメンだった。よく出来ていると思う。揚げネギを後半入れて見たが、これがなかなかな相性のもの。

揚げゴボウは慣れていない具の為、やや違和感を感じてしまったが、悪くなかった。吸引力はニンニク等のインパクト食材が無い分弱いが、飽きずに食せるラーメンと言う印象が強かった。気がつけば完食。いや、良かった。

(2008.01.14)


喜劇らーめん食べ歩きTOP