らーめん食べ歩き 
 大分宝来軒※閉店@千葉県千葉市稲毛区・ラーメン劇場

2005.06よくある名前だが、ラーメンは違う。
2005.06きゃべつと肉のせ


アクセス


総武線稲毛駅下車。東口ロータリーより京成バス・草野車庫行き又はこてはし団地行きに乗車。約22分12個目のワンズモール停留所で降りた所にあるOne's mall(ワンズモール)2Fのラーメン劇場内。
定休日 無休
営業時間 11:00〜22:00


数日振りの、それでも多少の雲が残る、晴天の月明け水曜日。先日行った銀麺サンが、既に無いらしい。しかも次の新店情報を、よく知っているサイトご訪問者様が持って来てくれた。 ネットで調べると大分市大手町に本店があるらしい。かん水を一カ月以上、熟成させているらしい。行かない手はない。どうやら営業が始まったらしい、と言う事で行く事にした。

午前11時を過ぎた、ラーメン劇場の営業開始まもない時間に到着。店頭に券売機があり、見るとどれも価格設定が低い感じでよく戦略が成されている様。その中のきゃべつと肉のせ650円にして店内へ。中は銀麺と同じ雰囲気だったが、使用ロゴやインフォが良く、イメージが一新されていた。

先客1、後続5の店内。カウンタ席に座って、目の前のお兄さんに印刷したHPのトップページを見せると、「あ、私の実家です」と教えてくれた。なるほど、だった。あ、そうだ、と入り口の所へ行き、サイト訪問者様情報を思い出し、名刺サイズの餃子無料券を手に取り、その方にお願いするとスマートに受けてくれた。本店はその方の叔父さんが営業しているらしい。程なく到着。

はぁ〜〜〜、これは、うんまい。気合が入っている分、強烈に旨い。何と言うトンコツ感に、旨みのタレ。極細ストレートの、かん水感の良さったらありゃしない。今回の麺は、実家から直送したものだそうだが、今後は同じ仕様の麺を、製麺所で作って貰うらしい。

キャベツも肉も、もつろん良かった。量的にも、少なくもなく、多くもなくと言う絶妙の量で良かった。ただ台拭きや、冷水ボトルが手元に欲しい所ではあった。替玉は気がつかなかった。気が付けば完食。いや、旨かったぁ。

(2005.06.01)


喜劇らーめん食べ歩きTOP