大熊製麺 東京・西神田 ※閉店







ここ数日は青空であった空が、遥か先まで薄暗い雲が立ち込め、東京周辺は午後から雨が降る予報が出ている、そんな11月下旬の勤労感謝の日の振替休日の昼時近い時間だった。

また神田古書街へ出掛ける事にして、今日はラーメン店の場所もあり、JR水道橋駅で下車して神保町へ歩いてゆく。

実はこちらで無く、別のお店が目的だった。そこは不定休のお店だったが開業したばかりだし、やっているかと思えば何と悲しいかな休業日であった。今後は公式サイトで、公表して欲しい所だった。

やむを得ずまた神保町方面に足を向けると、A4バッグの中に情報をプリントアウトしておきながら、未だ訪問せずにいたこちらのお店が途中にあり、思わずここにあったのかあと店舗を見上げた。目を降ろすと、またさらに神保町方面へ歩き出す(おいおいおい)。

しかし、いや待てよと振り返る私だった。結構評判が良かった事をふと思い出し、本日はこちらに入る事にしたランチ時だった。

実際店頭をうろついていても、入店客がたえない様子で、祭日でも古書店目当ての方が多く歩いていて、ちなみに日大法学部や大原簿記学校が周辺にはあった。

入り口店頭には、無料トッピング券がザルカゴにごっそりと入っていて、先客の何人かはそれを手に取り、中へ入って行った。

券売機が店頭にあり、あらかじめ券を購入して、入店するスタイルのお店。店頭インフォを参考にして、辛つけ麺830円を選んだ。

そこには並盛りで、茹で上がり麺量が500gと表記されており、これは一般的表記にすれば約250g強で成人男性としてはサービスライスが無いと少なめの分量。

初めて入るお店で、サービスライスのあるなしは店頭を見る限り無く判らず、ここは茹で上がり麺量が700g(一般的に約350g強)になる大盛券100円のボタンも連打して、先述の4枚綴りになった無料トッピング券を手に取り入店。

ほぼ満員に近い盛況な店内ながら、空いていた入り口そばのカウンター席に腰を降ろし、無料トッピング券に「ゆで卵二個」があったので、それと共に購入券を手渡した。

ふと壁を見ると背脂トッピング無料とあったので、それをお願いしたが今思えば当然だが、自動的に「ゆで卵二個」のサービスは消えた。

ちなみに無料トッピング券や背脂トッピングなど何も申告しなければ、オーダー品と共にライス無料サービスがある仕組みとなっていた。

なおカウンターにはカラシ高菜らしき、サービス総菜が容器に入っていた。また麺量は小食の方や女性の方など、申請すれば少なくしてくれるそう。

厨房では、段取りを随分と研究した感がある、手際の良さがあり、オーダーした先客の品があれよあれよと提供されてゆく。なお業務用のハカリで、麺量をちゃんと見ていた。後続が更に続いて店内に待ち列が出来る人気ぶり。程なく到着。

実はあまりにも良くまとまった戦略に、小綺麗なインフォーメーションから、どこかのチェーン系と言うイメージがあり、麺は標準並みかそれ以下と正直言って思っていた。それが訪問を保留にしていた、原因だったのかも知れない。

そんな所に来たつけ麺の太い麺は、その光沢にその風味にそのオーラは、何ともなかなかのものを持っており、店名に付く「製麺」は伊達では無い事がよく判った。良い感じの多加水気味で、ふくよかな風合いもあり、麺だけ口にすると、内麦っぽい風情も口内に広がった。

赤い色が結構辛そうな汁にジャブジャブと浸し、かっ食らえば、もう旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。汁には水餃子も入っており、これがまた美味しいもの。

背脂もしっかりした良さがあり、結構な辛味をマイルドにしてくれたが、背脂が無ければめちゃくちゃ辛いシフトと言う程では無かった。

気が付けば完食。これは意外と言うと失礼だが、大変良い、そんなつけ麺と言えた。アイドルは稀に休んでも、戦略家に休みは無かった。

(左フォト) 辛つけ麺大盛+背脂増し/店舗外観/最寄駅のJR水道橋駅 (2008.11.24)


 つけ汁 麺 大熊製麺 (おおくませいめん)

 住所:東京都千代田区西神田2-11-11ミサワビル1階

 営業時間:11:00〜23:30※日曜日〜20:30  定休日:無休

 アクセス:JR中央線水道橋駅東口下車。白山通りを神保町へ進み、三崎町交差点を越えて、
       少し歩いた右側。又は都営地下鉄神保町駅下車。神保町交差点から水道橋駅へ
       進み、三崎町交差点の少し手前の左側。各駅から徒歩5〜6分程度。

背脂トッピングでこってり味に出来る。 カラシ高菜のサービス惣菜あり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP