お茶の水大勝軒 東京・小川町





-------------------------------------------------------------



梅雨らしい天気の日曜日。実は昨日の夕方は、神田神保町の古書街にお目当ての鉄道資料を探しに、仕事帰り寄り道していた。しかし見つからず、そんな訳でまた今日も、神田神保町の古書街へ向かう。

都営地下鉄新宿線で手前の小川町駅で下車して、昼はこちらで済ませる事にした。

昨日は、勤務先近くの空中店舗の活力屋へ行ったが、こちらも同じビルの二階にある空中店舗のラーメン店。外はまとまった雨が降っており、大半の古書店は休みだが、スポーツ店の買い物帰りか若者が多い店内。

券売機で中華そば650円を選び、券をお店の方に渡してカウンターの奥の席へ案内を受けて着席。後続客が続いて、在留外国人らしき方もおられる盛況な店内。程なく到着。

これまた旨そうな、大勝軒らしいビジュアルが、食欲を誘うラーメン。小さいなると巻が愛らしく入っている。割り箸を割って麺をすすれば、もう店内で魅惑の小宇宙が広がる。

やっぱりそれはもう、旨さバクハツ脳天直下のメチャうまオンパラダイス。

麺の加水率加減に、その茹で加減、スープの濃さの加減に、メンマの盛り加減と、どれもが嬉しくなるシフトに、ここに来て良かったと思わせるものが詰まっている中華そばだった。

そんな良いラーメンだったが、麺量が200近いのもあり、後半になってからトウガラシの一味が欲しくなり、お聞きするとこれが無いそう(涙)。

豆板醤があったので、それで我慢してドンブリの裾に付けていると、お店の方がチャーシューに乗せて味わうと良いとの事で、言われた通りにすれば、なるほどスープのコクもそのままに、辛みとひとあじ違ったチャーシューも楽しめて良かった。

気が付けば完食。いやいやいや、それにしてもこれで650円はちょっと無いもので、ちまたの大勝軒の、ちまたの中華そばの中でも、大満足出来た中華そばを味わえた。 いや、ズバン!!!と、来た。

(左フォト) 中華そば/店舗外観 (2008.06.22)


 お茶の水大勝軒 (おちゃのみずたいしょうけん)

 住所:東京都千代田区神田小川町3-1-5 須田ビル2F  TEL03-3233-9911

 定休日:月曜日  営業時間:11:00〜22:00

 アクセス:都営地下鉄新宿線小川町駅下車。B7出口を出て、靖国通りを九段方向にしばらく歩いた
       左側のビルの二階、。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら


体調が万全で無いとは言え、なるべく外に出て体力をつけて行きたい。所用で都営新宿線で神保町へ出掛け、ひと駅手前の小川町で電車を降りて、散歩の後にこちらへ入店。

ちょうどランチタイムで7人待ち。券売機で中華そばを選択して、先日の北習のもりに続く。そう待たずして座れ、程なく到着。

煮干しに生姜がふわりと来て、やはり旨い旨い旨い。海苔は表面積が小さいものの、チャーシュー1枚は平均以上の大きさと美味しさ。 いや、良かった。

(2007.08.28)


既に冬色の空が覆う、そこから幾分の小雨が、時折だけ降る11月下旬の火曜日。空き地に出来た水たまりが、軽く吹く風にさざめく。見渡す限り、やや暗い空が続く。

山岸マスターがおられる東池袋大勝軒が、来年二月を以て周辺の再開発により、移転の為に閉店するらしい。

そう言えば、今年の九月に東池袋系の大勝軒が、お茶の水にも出来て、クラシックメニューにタンメンも提供しているらしい。

乗換えなしで地下鉄一本で行けるし、ちょっと行って見るかと言う気になり、そんなどんよりした天気の中を出掛けた。

てっきりJRお茶の水駅近くかと思ったら、靖国通り沿いの大型スポーツ店が立ち並ぶ中にある様。バスで本八幡駅に出て、都営地下鉄新宿線に乗り、小川町で下車。

午後一時過ぎに、ビル二階の店舗で階段を上がると、券売機があり4〜5人の待ち客。

東池袋限定もりチャーシュー1350円なるボタンを券売機で見つけ、それを選んで自分の番となり、奥のテーブル席に案内を受ける。

東池袋大勝軒近くの、住所表記のプレートが壁に飾ってあった。なおクラシックメニューは、午後三時から始まるメニューで選べなかった。

ちなみに選んだメニューは毎日先着5名のみで、厳選した九州産黒豚を使っているそう。座った左手に、製麺室がある。

店内は古木も使いつつ、お洒落な空間が広がる。程なく到着。何ともデカいチャーシューが、つけ汁に横たわるもの。丁度隣りの方が、普通のチャーシュー麺だったが、ひと切れが、ゆうに倍はありそう。

これには優越感で、むふふだった(おいおい)。麺は柔らか目でまずまず、つけ汁はカエシ強めに、煮干しの割合が高めで、いや、旨い旨い旨い。

そしてチャーシューが、やはり高額の分満足の行くもので、噛み千切る楽しさに結構な旨さ。スープ割りも楽しめた。気が付けば完食。いや、旨かった。

(左フォト) 東池袋限定もりチャーシュー(汁・麺) (2006.11.27)


店舗は二階にあり階段を上がって行く。

東池袋大勝軒が以前営業していた住所の銘板があった。

店内にあった復刻メニュー提供に関するお知らせ。


喜劇らーめん食べ歩きTOP