大勝軒 千葉・西習志野



初夏に見る低い白波のような白雲が広がるものの、季節はすっかり秋めいていた10月半ばの週末土曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、暑くなく寒くなくの穏やかな午後7時過ぎだった。

時に北習志野と言えば、先日訪れた大勝軒とは違うもう一軒の大勝軒が在る。向こうが東池袋大勝軒系に対して、こちらは永福町大勝軒系だ。仕事帰りに北習志野なれば、当然こちらにも立ち寄って見たくなるもの。そんなわけで今夜は、こちらの店頭へ5年ぶりにやって来た。

店名が表記されたビニールシートが一新されていて、その店名が黄金色だけに何処かゴージャスに見えた。店先に営業時間と定休日が案内されていて、現在は以前と違って第4水曜日も定休日となっていた。

さらには閉店時間も午後9時から午後8時に変わっていた。 ・・・間に合って良かった。さっそく入店すると、そこそこ盛況な店内が広がっていた。中ほどのカウンター席に徐に腰掛けて、メニューを手にとってさりげなくワンタンメンをお願いした。

まもなく比較的若い男性の後続客が入店して来て、ラーメンを麺少なめでオーダーしていた。それを横で聞いた時、初めてでは無いだけに麺が多いことは気づいているが、ちょっと完食できるか心配になった私だった。

目の前には老練な店主が気合いの入った眼差しでラーメンを作っている。そう言えばこちらの開業年はいつだったか。駅の反対側にある大勝軒は先日も触れたようにその開業は1997年頃で、ふと思い返せば嫁さんと出会った頃だったかその翌年に結婚したものだ。

さてこちらはいつだろうと確認させて頂くと32年前とのことで、そうすると1980年開業となる。ふと思い返せばその年に高校を卒業して社会人一年生となった私だった。光陰矢のごとし。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、煮干しの優しい味わいがラードの量やカエシの濃さ等に波及して、全体的になんとも支那そば的でありながらもさりげなく永福町大勝軒系のツボを抑えているところが心にくい味わい。

チュルンと来たワンタンの風情に、珍来の麺も実に素敵だった。かなりの量ながら、気がつけば完食。精算時カレンダー引換券と言う紙片を頂いた。これを11月末までに15枚貯めると、デラックスフィルムカレンダーが貰えるらしい。いや、かなり果てなく良かった。

(左フォト) ワンタンメン/同拡大画像 (2012.10.13)


 大勝軒@西習志野

 住所:千葉県船橋市西習志野3-27-12  TEL047-463-9136  ※データ情報更新(2012.10.13)

 定休日:木曜日&第3・4水曜日  営業時間:11:30〜15:00/17:00〜20:00

 アクセス:新京成電鉄北習志野駅西口下車。道路に降りたら右に進み、次の左路地を入り少し
       進んだ右側にあり。



  2012.10.13 並盛りでも麺2玉のこちらだ。   2012.10.13 1980年創業、32年目の永福町大勝軒系。


某店を出て、北習志野駅までバスで戻り、ビル二階にある喫茶店でまったり。せっかく東葉高速線の運賃を支払いここまで来たんだしと、午前の部終了間際のこちらへ入店。先客1の中、ラーメン600円をお願いする。厨房には店主がお一人だったので、しばし世間話し。やはり永福町大勝軒でしっかり修行して、こちらを開業させたそう。こちらも若い頃から珍来で、食した旨お話しする。程なく到着。

おお、これが600円のラーメンなのか?今風に言えば、ありえならず(今風じゃ、ないし)。で、ひとたび口にすれば、永福町系の良い所がズバッと来る美味しさ。いや、旨い旨い旨い旨い。それにしても麺量の多さに、くらっと来るラーメン。とは言え、何とか麺と具のみを完食。 いや、良かった。

(2007.02.19)

新京成電鉄北習志野駅近くの、有名店と言えば東池袋大勝軒系の北習大勝軒となるが、何ともう一軒、何と永福町系の大勝軒がやはり駅の近くにあると言う。どうなんだろうと思いつつ月日は流れてしまった。ここ最近永福町系の大勝さんやまるきさん、両方の大勝軒で修行した必勝軒さんと、脳裏に「永福町」が離れなくなり、でもその割りに本拠地に未訪だったりする中、気になる所となり行って見る事にした。

正午を少し過ぎた頃に、店頭へ到着する。日曜日もあってか、10人近い列が待ち受けていた。もう知られざる知る人ぞ知る、町の超人気店の風情。その列の後ろに並び立つと、換気口から永福町系特有の良い香りが辺りを漂っていた。

多少待って、店内のカウンタ席に案内を受け着席。メニューから、大盛チャーシューメン1000円をお願いする。きっと量は半端でない筈。それとネギ50円と言うのも気になって追加して貰う。麺が草村商店でなく、珍来さんのらしい。厨房を覗くとそれらしき麺箱がたすかにあった。程なく到着。

銀トレーに乗せて、そのラーメンはやって来た。おお、迫力ある量で、チャーシューも肉厚大きめで嬉しい感じ。ネギは湯のみ大の器にたっぷりと別に来た。麺はたっぷり三玉と言う事らしい。これがまたなかなかのスープで、とても美味しい。

麺は喉越しの気になる感じで多少のヌメリもあるが、結構そこそこ良い感じ。チャーシューも許容範囲内で良かった。大量の麺も、ネギで旨く味を変えつつ何とか完食して、スープはさすがに飲み切れない量だった。う〜む、なるほど、スープは永福町大勝軒系と納得出来たお店だった。麺は400g近くあった。くらっ。

(2005.05.29) 


2007.02 ラーメン

2007.02 ワンタンも人気らしい。

2005.05 大盛チャーシューメン+ネギ

2005.05 東に東池袋系、西に永福町系。