らーめん食べ歩き 
 むろや@東京都新宿区・四谷四丁目 ※閉店

2004.11 創業280年むろや醤油から命名。
2004.11 岩海苔醤油らーめん並盛


アクセス

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅四ッ谷寄り出口下車。新宿通りを四ッ谷方面に進み外苑西通りへ左折して少し歩いた左側。徒歩およそ7分、新宿区四谷4-25-10。
定休日 無休
営業時間 11:00〜15:00/17:00〜21:00


(2005.10.13)〜記事お休み

浅草開化楼の麺の、かなりこだわり高いお店が、四ッ谷にあるらしい。四ッ谷は徳川時代に、四つの茶屋がある事から名付けられた地名で、昔も今も、どこか人の流れがたえない東京の街と言える。

午前11時過ぎに到着すると、まだ準備中の札が掛かっていたが、中に店長らしき方がおられたので、中に入り「いいですか?」とお聞きすると、「あ、すみません」と引き入れてくれた。日祭日はかなりひまらしい。

そして店内の、圧倒的な魚介臭に驚かされる。子供の頃、父親の夜釣りにつき合って、小さい漁港に深夜出掛けたあの静かな暗闇に佇んでいた漁港の匂いに似ていた。岸壁にぶつかる波の音。時折り通過する車のタイヤ音。海を望んでも暗闇が見えるだけ。

挨拶を済ませた後に券売機で、醤油らーめん並盛に、下調べで岩海苔が気になっていたのでそれも押す。池尻大橋で居酒屋を経営するお店の二号店で、先週で満一周年らしい。

店名は醤油ダレに使用している、たまり醤油で地元では御前醤油として親しまれている、大分のむろや醤油から命名したらしい。2ちゃんねるで馬鹿にされない様、原価率はかなり高いらしい(おいおい)。程なく到着。

岩海苔が乾物状態でドサッとのっているが、スープに馴染ませるとすぐ柔らかくなる。なるほど味噌の様なコクがある醤油ダレだがよく寝ている。それでも前に来て、魚介が後ろに来るが岩海苔もあって良い風情を醸し出している豚骨醤油色のスープ。

麺はさすが開化楼の比較的太い中太ストレート麺。穂先メンマが薄味で大変良く、そしてこれまたチャーシューも自家製だそうで大絶賛に良かった。肉の食感が堪能出来る。

総括的にも味の隙間が皆無の無化調らーめんで、使用水にも気を使った感がありとっても良かった。気が付けば丼の底が白かった。いや、旨かった。

(2004.11.23)※追記〜麺を三回仕様を変更したり、具などの仕様変更もして、現在臨んでいるらしい。


喜劇らーめん食べ歩きTOP