つけ麺 道 東京・亀有







早朝の雨がうまく止んで、折りタタミを広げる事もなく、湿ったアスファルトを小走りに駅へ向かうものの、午後から不安定な空模様が予測された九月下旬火曜日の朝だった。

そんな今日は亀有駅界隈で、営業する事にして出掛けた。山手線電車で西日暮里まで行き、長いエスカレーターで下に降り、千代田線電車に乗り換えて亀有に到着。

そしてランチと言う事で暫く前から気になっていた、ほん田さんで修行された22歳と言う若き店主のお店らしいこちらへ訪問する事にした。

正午過ぎに入店すると、店内は丁度満席だった。ふと見るとお姉さん二人が、券売機でチケットを買っている最中であった。

お店の方がその方々からチケットを受け取ると、外の席で待つよう促しており、そんな流れなんだなと確認してから券売機に立つ。

するとつけ麺は500円と表示しているこちらで、これだとネギしか付かない注釈があった。いわゆる完全オプション選択方式のようで、好きな具を選んで行くスタイルになっていた。

全部のせに近いものが良ければ、ボタン一つで済む特製つけ麺を選ぶようになっており、後は麺量を更に選び、ビールやデザートをお好みで追加するだけだった。

そんな券売機から「つけ麺」の「中盛」にして、ある程度麺と汁の世界だけに浸りたい事もあり、オプション選択は「チャーシュー2枚」だけを選んだ。

そこに「自家製ブリュレ」のボタンの存在に気が付き、ラーメン店でそのデザートは某店以来で、思わず感心しつつも無意識でボタンを気がつけばしっかり押していた。

お店の方にチケットを渡し、外で若干待っていると先客が何人か出て行き、入店を促されてから指定された席に腰を降ろす。

以前のお店の時に来た事がある建物で、その時と雰囲気はほぼ同じであった。やけに背の高いカウンターと、それに合わせてチェアが高さがに合わせてある。

何気なく見ているとカウンタトップに、黒塗りの四角いお盆が置かれた。

具類はネギだけが付くとあったが、日替わりのサービス品があるようで、本日はホタテとムキエビを粉砕した乾き状のものの様な事を口頭で説明してくれてその上に突き出しの如く置いてくれた。

風情のいい極太麺が湯切りされて皿に乗せられる。トロミが高そうなつけ汁は電子レンジで再加熱する念の入れよう。程なく到着。

それにしてもかなりに太い麺で、うどんみたいと言うよりは、うどんの麺が来たと形容しても間違いではない気がするくらいに太い麺だった。

以前某店でこちらの麺が、カネジンさんだと教えて貰った事があった。数本だけ口にして見る。なるほど。カネジンさんっぽいそんな麺で、念の為お店の方に確認すると間違いなくカネジンさんだそう。

それではと行かせて貰えば、それはもういやいやいや、美味い美味い美味い美味い美味い。麺は国産小麦もブレンドしている風情もあり、そこは奥行き感の持って行き方が違う所があった。

汁はトロミがまったりしながらも、やはりしつこい塩気もエグミも皆無な良さがあり、じんわりとした魚介豚骨による美味しさが、さざ波のように舌へ打ち寄せて来るものだった。

それはもう気が付けば麺が消えて行った。スープ割りをお願いすると、和風スープと鶏出汁スープが選べるそうで、鶏でお願いして飲んだが、これがまた良かった。

そして間髪入れずにいい感じの自家製とも冠が付いていた、美味しそうなクレームブリュレがやって来た。フランス洋菓子の定番スイーツだ。

カラメルの焼き具合もしっかりしたもので、プディングもよく冷やしてあり、かた過ぎずやわ過ぎずの何とも絶妙な粘度を保っており、しかもなかなかの濃厚な味わいがある美味しさを誇っていた。

個々の戦略が複合的に入り組んでいながらもバランスよく整合しており、オールマイティに入店客の需要と要望を満たしていると思う。

ちなみに今回利用しなかったが、つけ麺という事でお酢を利用される方もおられる筈だが、こちらでは何と檸檬と林檎をスライスして入れたビネガーが卓上に用意されており、フルーティー感が楽しめる配慮が成されていた。

こうなるともう次なる一手さえも、既に用意しているようにさえ見えてしまうこちらであった。気が付けば完食。いやいやいやいや、つけめん・スイーツ共々に、とてもとてもとても良かった。

(左フォト) つけ麺中盛+叉焼2枚/麺を拡大/自家製ブリュレ/店頭外観 (2009.09.28)


 つけ麺 道 (みち)

 住所:東京都葛飾区亀有5-28-17  定休日:月曜日 ※祝日時は営業して翌日休み 

 営業時間:11:30〜15:00/18:00〜21:00※スープなくなり次第終了

 つけ麺麺量&追加額〜並盛200g/中盛300g・50円/大盛400g・100円/特盛500g・150円
                男盛600g・200円/女盛150g+自家製ブリュレ・50円

 アクセス:JR常磐線亀有駅北口下車。ロータリー右奥の道を進み、五差路を左折してしばらく
       歩いた右側、およそ徒歩4分。



喜劇らーめん食べ歩きTOP