ラーメンハウス 松乃苑 千葉・北国分 ※閉店



昨日ほどの暖かさでは無いものの、陽射しが出ては隠れての、曇りがちで気持ち気温の高い、二月中旬休日の日曜日だった。

最近は実家から、実は三段ギアが付いた自転車を譲り受けた事もあり、自宅から自転車で遠出する事を覚えた。先日も国道6号線に近い、茨城大勝軒系へ訪問したが、その際の通り掛けに、こちらのラーメン店があった。

目の前に大橋交差点が在るお店の位置関係だが、店舗入り口は、その十字路に対して背を向けていて、十字路側から見える建物の背中には、自家製玉子麺の文字があった。

帰り道に寄ろうとしたら、既に中休みに入っていて、準備中の札が入店客を拒んでいた。

そんな訳でリベンジとばかりに、本日出掛ける事にした私だった。午前11時過ぎに自転車へ跨がり、秋山周辺を散策しつつ、しばらく前の昔は市川有料道路だった、県道180号線に戻り、正午前には店頭へ到着した。

こちらの建物へ沿う様に、自家用車が縦に3台程駐車しており、家族客などで盛況な様子が、ガラス越しに見えた店内だった。

入り口周辺には、バイクも止まっていたので、その近くに自転車を停めて入店する。空いていた一席に腰を降ろし、大変多い短冊状のメニューから、もやしラーメン500円をお願いした。程なく到着。

おお、いわゆる所のモヤシあんかけラーメンで、その風情から見て味噌ラーメンが流行る前の、昭和30年代前後の結構古い時代から受け継いで来た事が判る、そんなラーメンであった。

それではと口にして行けば、これがもう、旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。辛味・甘味・酸味が、まさしく三位一体となっており、田舎醤油の様な懐かしい風情がありつつも、トロミ掛かったあんかけが出汁のうま味を押し上げていた。

自家製らしい玉子麺も、加水を落としながらも玉子のツナギでプリプリとした、多加水の様なコシの強さを作っており、玉子麺らしい喉越しがまた素晴らしい、中細やや太ストレートだった。

口にしながら周囲を見ると、先客が食している、どの中華料理も美味しそう。気が付けば完食。いや、良かった。

(左フォト) もやしラーメン/店舗外観 (2009.02.15)


 ラーメンハウス 松乃苑

 住所:千葉県松戸市大橋236  定休日:無休 営業時間:11:00〜13:40/17:00〜20:40

 アクセス:北総鉄道北国分駅下車。県道180号松戸原木線(元市川有料道路)に出て、そこを右
       方面に進んで行く。約15分ほど歩いて行くとある大橋交差点の右側手前にあり。
       充分なパーキングスペースがある、ドライブインの様なラーメン店。



喜劇らーめん食べ歩きTOP