らーめん食べ歩き 
 らーめんまとい@東京都千代田区・淡路町

2006.08 とうかんや出身の店主のお店。
2006.08 しお玉らーめん


アクセス

地下鉄淡路町駅下車。靖国通りから一本入った裏路地の五叉路前、千代田区神田小川町1-4三谷ビル1F。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら
定休日 日曜・祝日
営業時間 11:00〜21:00


薄曇りの空の下で、冬の間ずっと地中で生活を送って来たセミが、葉月の青葉の元でいっせいに鳴き出す様になった、風が穏やかな水曜日。

つじ田@神田お茶の水の路地裏に、とうかんや@南砂町出身で、浅草開化楼の麺のお店が、六月にオープンしたらしい。そろそろ落ち着いた頃と、行って見る事にした。まといとは、江戸時代に火消しの方が手にした、竿状の棒に飾りを施したもの。

午前中に松戸で所用があり、地下鉄千代田線を利用して新御茶ノ水駅で下車。つじ田の行列を横目に、正午過ぎのランチタイム時に店頭へ到着。お祭り好きの街らしい店名である。店内に入ると、お店の方に券売機へ促され、つけめんもあって気になったが、しお玉らーめん750円を選ぶ。

見ると、ラーメン月刊誌「とらさん」がこちらでも発売されており、今月号を購入。空いた数席のひとつに腰を降ろす。お店の方々を見ると、いかにも家族総出で営業している風情があった。おそらく個人経営と言う感じ。程なく到着。

なるほど、ゴマが振られて、スープは生姜の香りが立ち込め、ほぼ「とうかんや」に近いラーメン。香味油にニンニクと共に封じ込めているそう。いや、旨い旨い。麺は浅草開化楼の中太ちぢれの、こだわったかなり良い麺。TETSUで味わった「ちぃ麺」に近い。

チャーシューは、あまり主張させないで、香味野菜を前面に押し出した感じ。和風スープに豚骨スープと、鶏ガラスープを直前に合わせる手法も修行店と同じで、まずまずのラーメンで良かった。気が付けば完食。いや、良かった。

(2006.08.02)


喜劇らーめん食べ歩きTOP