屋台丸究ラーメン 千葉・新松戸 ※閉店



サウナの中に居るような、少し動けば汗が止まらなくなる程の暑さがここ数日続き、今日も朝から陽が降り注ぐ多湿な七月最終コーナーの木曜日であった。

こちらにも行きたいと以前から思っていたお店で、今回通勤途中駅近くと言う良い機会なので、本日も夜ラだったので会社帰りに立ち寄る事にした。軽く背脂が浮くラーメンを提供するラーメン店らしい。

そんなこちらへ午後六時半過ぎに店頭へ到着。夕飯にはまだ早い時間もあり、先客ゼロの店内だった。「でかッ!チャーシューでおなじみの丸究ラーメンおしながき」とあるメニューを見ると、ラーメンは醤油・塩・味噌の3タイプがあり、夏メニューとして冷やし中華と冷やし坦坦麺もラインナップとしてあったが、つけめんの類いは無かったこちらだった。あとはアルコールと、おつまみのメニューが幾つか並んでいた。

そんな中から味噌ラーメンが人気らしいので、味噌にも背脂が浮く事を確認しつつ、その味噌ラーメンと煮たまごに半ライスをお願いした。左の奥に厨房があり、その前にはカウンター席もあったが、先客ゼロでテーブル席もあったので、そこに腰掛けてオーダー品を待った。程なく到着。

おお、野菜が多めに入っており、これはなかなか旨そうな味噌ラーメンだ。スープには、なるほど背脂が軽く浮いていた。それではと口にすれば、なるほどこれはいやいや、旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。味噌は太麺かと思えば支那そばに入るような中細ちぢれで、しかしこれが見事な相性を見せていた麺だった。ラーメン通にも太麺を嫌う方もおられるが、そんな方にも打ってつけな麺であった。

煮たまごがほっくりしてまた絶賛もので、スープは豚骨ベースとインフォにあったが、鶏ガラなども利用している感じで、背脂が浮いているもののラードを利かせておらず、味噌ダレの濃度も差ほどでもない仕様で、刻みネギが多めに入っていい風情のラーメンだった。

背脂が入るラーメンと言うと、こってりでべっとりしたイメージがつきまとうが、味噌でも中細ちぢれが合うくらいのスープで、そうした意味で面を食らったラーメンで、もちろん麺も食らった(おいおい)。

何処かで味わった気もする味噌ラーメンで、奇をてらったものは無い分安心して楽しめる感じがあり、では何処のラーメン店だったかと思案を巡らせても、今となっては店名さえも思い出せない。気が付けば完食。何れにしても、これはうまかった。

(左フォト) みそラーメン+煮たまご/店舗外観 (2009.07.30)


 屋台丸究ラーメン (やたいまるきゅうらーめん)

 住所:千葉県松戸市新松戸1-237   定休日:日曜日・祝日

 営業時間:8:30〜24:00 ※ラストオーダー23:30 ※スープがなくなり次第閉店

 アクセス:JR常磐緩行線他新松戸駅下車。改札を出たら前の通りを右にずっと進んで行く。貨物線
       の高架線を潜って少し歩いた左側。徒歩およそ6分。



喜劇らーめん食べ歩きTOP