らーめん食べ歩き 
 ラーメン丸井・本八幡店@千葉県市川市・本八幡※閉店

2003.04豚骨醤油ノリチャーシュー・味玉
2003.08チャーシューつけ麺


アクセス JR総武線本八幡駅南口に降りて線路沿いの道を千葉方面に進み、しばらく歩いた右側。徒歩およそ2分にあった。
定休日 日曜日・臨時休業有り
営業時間 19:00〜2:30


ここ数カ月の間、俳優業がお忙しいのか、日除けが店名を消して付け替えをしてあり何度か行っても、休業してたものだから、「もしや?」とも思ったがくろおび店主に、「いや、やってますよ」との一言があり先日は営業を目の当たりにしてホッとしたものである。

で、今日は突然の午後10時を回る残業で疲れた体を引きずりながらこちらへ入店。チャーシューつけ麺というのがあったのでそれをお願いする。店内は結構混んで闇夜の人気店と云った所だった。程なく到着。

つけスープは醤油ダレの独特感が楽しくなる仕様で良かった。麺は細ちぢれで刻みノリが多めに乗っていて嬉しい感じ。「麺は太麺でも出来ますが時間がかかるので何も言われなければ細麺です」と、さすが麺を知り尽くしたラーメン職人である。具類は別皿で来てチャーシューも良かった。割りスープもついてこれも旨かった。

(2003.08.01)


この前伺った時に味玉サービス券を貰っていた。嫁サンの帰りが遅くなると云う事で、「これ、使お」と思い立ち会社帰りに立ち寄る。入店すると先客がお一人おられるだけだった。席につき、「コマーシャル見ましたよ」とお話しする。今後は5日深夜ウッちゃんの番組や、小林旭さんのカラオケ映像にも出る予定らしい。カラオケ映像ではチンピラの役をされるそうで似合わない感じで笑ってしまう。

今日はノリチャーシューにサービス味玉でお願いして、麺はこの前と同じ太麺にしたが、脂はこってりでお願いする事にした。ラーメンを作りながら、「この前、お知り合いの方がこられましたよ」と教えていただく。最近、HPも始められた方の顔がすぐ浮かんだ。などと、世間話しをしているとラーメンが到着する。

湯(スープ)は背脂を絞ってスープの上に浮かせるタイプのこってりで、その背脂の味は限りなく駅の反対側にあるなりたけのように甘いタイプで似ていた。そのこってりのせいなのか、サンマだしが消えてしまっていたのは残念であった。全体的には大判のノリも沢山入ってなかなか良かった。

(2003.04.26)


また思わぬ残業で帰宅の帰り道。そう言えば行こうと思って未だ未訪のこちらのお店を思い出し、南口に降りて線路際の通りを進み程無く到着。駅から大変に近かかったりする。以前からここにはラーメン屋があったが、去年の夏頃お店の名前が変わって、その内行くかと思って全然行かなかったのである。

店頭に「サンマの丸干し使用」とあり、期待が膨らみながらお店へと入る。カウンタ席で八席ほどある狭い店内で、見ると各椅子の下にはカゴが置いてある。お聞きしてみるとお客さんの荷物を置いて貰う為に用意しているそうで、私もショルダーバッグを早速置いて着席する。

メニューを一通り眺めた後、豚骨醤油チャーシューに味玉をオーダーする。すると店主がペンとメモを手にして、「麺は太麺と細麺がありますがどちらがよろしいですか?」ときたので、「じゃ、太麺でお願いします」と言うと、すかさず「脂は少なめ、普通、こってりとあります」ときたので普通でお願いする。

ラーメンを作って貰うあいだ、世間話しをする。と言うか、営業時間と定休日を聞いたのだが、「お休みはいつですか?」とお聞きすると、「日曜日です。それに…」「それに?」しばらくしてから、「たまに臨時で休みます。仕事がもうひとつあるもので…」と教えて頂いた。

どうやら二足のわらじでラーメン店を開いているようだがもうひとつのお仕事が大変気になったので、「どんなお仕事ですか?」とお聞きすると、「テレビに出るんです」と来た。は?なんですと、である。さらに突っ込んでお聞きするとテレビコマーシャルにちよくちょく出演しているそうで、最近ではタカラCANチューハイの菊川怜さんが出ているコマーシャルだそうである。こりゃ、驚いたである。

などと驚いているとらーめんが到着。湯(スープ)は豚骨醤油というより、豚骨しおに近いビジュアルで食べた感じもそれに近かったが、そこにサンマの丸干しの魚だしが軽く感じられる。タレの方に魚ダシが入っている感じでお聞きすると当たっていた。背脂が軽く入っているのも手伝って、ニューラーメンショップ系の味に全体的な感じが似ていた。頼んだ麺は平打ちの太麺でプリプリしていて喉越しも良かった。

チャーシューの煮豚は肩ロースの柔らかい部分を使用してそれに牛乳でさらに柔らかくしたそうで食感もしっかりしてなかなかのチャーシューであった。味玉もお約束の半熟で良かった。シナチクがピリッと軽く胡椒がついた感じで思わず同じ市内の好のシナチクを思い出したがあそこ程では無い。

総括的にはなかなか、オツならーめんで旨かった。なお以前のお店の名前は「ポコ」といい、店主は変わっていないらしい。埼玉県蕨市の本店で修行して昨年の八月に開店したそうだ。自宅に帰りテレビをつけてしばらくすると、タカラCANチューハイのコマーシャルが始まった。お?これかと見ているとエンディングで、菊川怜さんのアップの右側にしっかりと店主の顔が笑顔で映っていた。

(2003.04.07)


喜劇らーめん食べ歩きTOP