らーめん食べ歩き 
 旭川ラーメン旭龍・神田店@東京都千代田区・神田 ※閉店

2004.01 醤油チャーシュー
2004.12 .塩チャーシュー


アクセス

JR山手線・神田駅から秋葉原方面へガード下右の道をしばらく進み、しばらく歩いた線路下にある左側。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら
定休日 日・祭日
営業時間 11:30〜21:00(土〜15:00)


某店の残念な閉店を確認した後に、こちらがご無沙汰だった事を思い出して入店する。女性店主お一人でやっておられるお店。塩チャーシューをお願いする。

うっかり、大盛とつい言ってしまったが、そう言えば大盛の無いお店であった。「やってません」と怒られた感じ。程なく到着。随分前に食べてインパクトが弱かった気がした塩ラーメンであったが、今日は全然全く違っていた。

魚介ほとばしる絶妙な旨いスープ。低加水の麺も相変わらず絶妙。チャーシューも、もちろん良かった。いや、旨かった。

(2004.12.04)


多加水、低加水、あたらすい。プリプリ気味、ボソボソ気味、日本語。最後の文字はおいといて、どちらの麺が良い悪いという事は無い。そんな事を考えていたらこちらのお店を思い出して行く事にした。チャーシューメンにいくら丼のセットでお願いする。程なく到着。

低加水で湯(スープ)の色が移る。このコクの高い味わい深い醤油に、麺が大変絶妙にあっている。かん水がしっかり感じるものの気を使っている分、いやらしくなってはいない。ここの低加水独特の食感は茹で加減が絶妙なのもあって、何とも言い難い良さがある。

「麺を生かすも殺すも店主さん次第なんですよ」という、浅草開化楼の専務さんのお言葉を思い出した。さすが製麺所のお店という、麺が主役の一杯を堪能出来た。出る間際に、「これ低加水ですよね?」・・…「はい、そうです」・・・・・・・。確認してから日本晴れの外に出た。何事も確認、猪木いや、いのちである。

余談だが先日、花王のお茶飲料って何?というのがあったが、結構ブレイクしているらしい「ヘルシア緑茶」であった。体脂肪の気になる方にもいいらしい。

(2004.01.26)


次は塩が食びたいと云う事でまた暖簾を潜る。二人の先客。狭い店内の為、空いている奥のカウンタ席へ先客の後ろを注意しながら擦り抜ける。座席に座り塩ラーメンにしゃけイクラご飯のセットで注文する。

後から客が入って盛況と言った感じ。店主が女性とあってか、若い女性が入って来たりする。きっと、店主のファンと云った所。ただ今日は女性店主一人で大変そう。程なく到着。

やはりご飯は後と云う事でラーメンを食べ始める。湯(スープ)は醤油と較べてしまうとやや地味に落ち着いている感じだが、もしかしたら手伝いがいない分、100%の塩ラーメンでは無いのかも知れ無い。

常に店主お一人で全てをこなすお店がある。それだけで凄いと思うが、やはり手伝いがおららればそれだけでラーメンが更に旨くなるのでないかと感じる事がある。

中細ちぢれの麺も少し冴えが足りない様に感じた。ただチャーシューは前回同様に旨かった。今回のご飯はしゃけイクラご飯で、ほぐした鮭にイクラは勿論、天然では無いがラーメンに合う感じで良かった。

(2003.07.15)


少し動くと汗が止まらない、どんよりとした金曜日。神田駅周辺シリーズとして以前から気になっていたこちらへ入店する。加藤製麺社長の実の娘さんがやっている直営のお店らしい。スープ、タレなど全てを旭川から直送しているそうで本場の味をまさしくここで堪能出来るそうだ。

比較的小さいカウンタ席があるだけで思ったより店内は狭い。女性店主と云った面持ちの方と、アルバイト風の男性の二人が厨房にいらした。メニューを見て、醤油チャーシューにイクラご飯があったのでそれもお願いする。先客は誰一人おられず、ラーメン作りが始まる。

店主が麺を茹でる振りザルが入ったズンドウの前に立つ。麺を湯に入れるかと思いきや、入れない。入れない。……。入れた。麺茹でにこれだけ気合が入った方は初めてで流麗な手さばきのあとにスープが入った丼に麺が置かれ、具が乗り目の前に丼が置かれた。

丼から気合を感じる事が出来る。イクラご飯もほぼ同時に到着したがそちらは放って置いてラーメンに没頭する。

湯(スープ)はごまかし無しのこれぞ旭川ラーメンの真骨頂を思わせる豚骨醤油。魚だしが他の食材と見事に調和した複雑な旨みが、寄せては返すさざなみの様に広がる。麺はこれぞ真の絶妙と言いたい湯加減で出来た中細ちぢれでそのコシは恐ろしい程に良い。

国府台の好と同じ加藤製麺の麺とはとても思えない程に旨かった。後で店主に国府台の好の事をお話しすると、「前にウチの社員だったんですよ」との事で判る人には判る。

話しはそれたが、もうチャーシューが絶品。これは10点満点である。厚さ旨み食感とも完璧で旨い。そんな厚いものでは無いタイプだがこれは良かった。シナチクも個性的で細く長い仕様で美味しかった。

そして後で食したいくら丼も絶品で下味がついたいくらを飯粒と一緒にほおばると、もう至福の時が流れた。なお近くにある山形家はてっきり加藤製麺かと思ったら親戚筋がやっている北海道製麺と言う所らしい。ここに来て旭川ラーメンに対してのポイントが高くなった。そういう気にさせる旨いラーメンであった。

(2003.07.04)


喜劇らーめん食べ歩きTOP