らーめん食べ歩き  
 麺屋黒船本店@東京都千代田区・末広町※新橋へ移転後閉店

2004.03 醤油チャーシュー大盛


アクセス

銀座線末広町駅で外に出たら中央通りを上野方面に進み、ニつ目の信号を越して程無く歩いた左側にあった。
定休日 不明
営業時間 11:30〜15:00/18:00〜23:00


リンクをご連絡頂いた方のサイトを開くと、こちらのお店が冒頭に紹介されていた。チャーシューの脂感の良さや、麺の個性的な仕上がり感の良さを思い出し、久々に入店して見た。午後一時半過ぎで先客ゼロだったが、後続客が続く。券売機で醤油チャーシューに大盛の券を買い足し、お店の方に券を渡して着席。

最近、同じ店名のお店が相次ぎオープンしている様だったので、麺茹での方が目の前におられたので、その事に触れ「チェーン展開してますね」とお聞きした所、「FC展開で、当店が本店になります」との事だった。程なく到着。

以前と全体像はほぼ同じで、どちらかと言えばラードが少なめの気がした。それで気がついたが、醤油味の醤油である部分が通常のラーメンよりも強く感じる仕様と言えた。ゴマ油がそれを多少マイルドにしていた。以前ダシは鶏ガラ中心の様に感じたが豚ガラ系らしい。ここは笑ってゴマかしたい。

(2004.03.15)


味噌が旨いと定評があるそうなのでまたこちらへ入店。ランチタイム時のちゃぶ屋系列店とあってしばらく並んでから着席。味噌チャーシュー大盛を食した。湯(スープ)は白味噌メインに麦味噌や麹味噌などをブレンドした感じに、背脂とネギ油が入っている。

麺は醤油の時と同じのピロピロした平打ちで茹で過ぎた感があり、コシ無く残念。味噌のコクがさすがにネギ油と背脂に勝って面白い演出感のスープになっている。ただ全体的には濃厚味噌と背脂にネギ油と云う何か体に良くない組み合わせにちょっと引いてしまうラーメンである。

(2003.06.03)


少し前に会社の方からまた新店情報を貰っていた。今回はその方の知人の友人の方がお店にいるらしい。なおその知人は聞いたら以前会社にいた人でよく知っていたりする。御徒町駅近くと云う事ですぐ行ける感じがしなかったが実際山手線を利用して来て見ると、秋葉原から歩ける距離だったりする。味の三恵からそう遠く無い距離である。入り口右横にあった券売機で醤油チャーシューと大盛の券を買って着席する。

大喜が比較的近くにあり、ちゃぶ屋と縁が深いらしいお店で、既に人気店となっており、店内は昼時とあって待ち客が並ぶ。外観・内装とも御洒落な雰囲気がある。程なくらーめんが到着する。

湯(スープ)は甘いコクのある背脂が軽く入り、それより前に出て来ている揚げネギとその香味油がゴマ油の様なものと全体をまとめた雰囲気で、鶏が前に来る最近よくあるスタイルに感じた。比較的透明で醤油の色が濃い感じになっている。麺は中太平打ちストレートの仕様でヌードル感覚がある感じで面白い。チャーシューはやはり甘いコクのある脂を使ってトロトロな仕様で旨い。

総括的な感想は複数の油でスープをまとめた現代感覚溢れるニューウェイブなラーメンでなかなか良かったが、我儘を言うとそれに負けないダシスープが欲しいところだった。だがまだ開店して豚骨ダシが落ち着かないところがあると思うので、今後が楽しみだったりする。

お店の方が大変活気のある人ばかりだし、厨房もオープンキッチンで良い。自宅に戻ってからウェブでこちらのお店の事を調べてみると、やはり、ちゃぶ屋の系列店の様で愛知県や埼玉県などにもお店があり、若い方に大変人気のお店の様である。

(2003.05.27)


喜劇らーめん食べ歩きTOP