支那そば屋 こうや 東京・四ッ谷

※レポートは東京都新宿区三栄町8時代。






蝉の音色さえも何処か夏の黄昏を感じさせる、九月も中旬の柔らかい陽射しの空の下、たおやかな風の吹く三連休初日の土曜日だった。

時に現在都内には「こうや系」と言う、ラーメン店が何店舗もあるらしい。高はし@飯田橋や、茂木@三軒茶屋も、その系統として有名らしい。

その総本山がこちらで、実はまだその系統のお店を、私は一軒も訪問していなかった。

ここ数日、何気なく数年前の古いラーメン本を引っ繰り返して、色々と調べ物をしていたのだが、するとまだ行ってないラーメン店が随分とある事にも、改めて気が付かされた。

そんな事があり「こうや系」の存在もあり、いきなりその総本山へ本日行って見る事にした。正午を過ぎた、12時30分過ぎ店頭へ到着。

店内に入ると、広い厨房と広い客スペースが広がっていた。右手にある入り口近くの、カウンター席に案内を受け、腰を降ろす。

するとバッグはこちらにどうぞとそこに置くと、水ハネ防止用かタオルをバッグに掛けてくれ、滅多に飛ばないだろうに、何と素晴らしいサービス。

とりあえずメニューを見て、入る前から決めていた、雲呑麺900円をお願いした。

さすが総本山らしい厨房では、店主の他に沢山の男性が受け持ちの仕事をこなしており、その歴史も感じられる店内だった。

午後五時からは夜メニューが用意されており、周囲の良き語らいの場としても、重宝されている感じだった。程なく到着。

おお、こちらの代表的なメニューもあり、多くのラーメン本でフォトを見ていたが、実際に目の当たりにすると、これが圧巻の雲呑麺のワンタンで、ゴロゴロとドンブリの上に置かれていた。

ワンタンと言うよりは、肉団子に薄皮をまとわせたもので、ひとつ口にしてみれば、食感が秀逸だけでなく、これがもう旨い旨い旨い。

チャーシューもサービス良く入っていて、これまた旨い旨い旨い。

スープは豚骨・鶏ガラ・玉ねぎらしく、独特感ある甘みで塩気を持ち上げた感じがあり、なるほどな美味しさだった。いやいやいや、旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。

泳ぐ麺は、細やや縮れで麺量が170gとやや多め。何しろ先述した雲呑が幾つも入っていて、それだけでも楽しくなるラーメンで、やはり来て良かった。

気が付けば完食。 いや、ズバン!!と、良かった。

(左フォト) 雲呑麺/メニューリスト/店舗外観 (2008.09.13)


 支那そば屋 こうや

 住所:東京都新宿区四谷1-23上野KGビル1F 定休日:日曜日・祝日 営業時間:11:30〜22:30

 アクセス:JR中央線四ッ谷駅下車。赤坂見附交差点から国道20号新宿通りを新宿方面に進み、
       一つ目の右路地を入って少し歩いた左側にあり。

赤坂見附交差点から、新宿方面に進む。 北京鍋がインフメーション板になっていた。