ラーメン康竜 東京・秋葉原UDX ※閉店





秋は雨が似合う季節なのかも知れない。そんな事を何処かで目にした気がした、十月・神無月もあと一週間を残す、雨降る下旬の金曜日だった。

そんな今日は、ふと自分仕立てラーメンの事を思い出し、「おいしい、あきば」と銘を打つ秋葉原UDXレストラン街2Fの、こちらへ入店して見る事にした。

店頭に立つと、未だ正午前にもかかわらず満員御礼で、待ち客三人の状態だった。先に券売機で券を購入するルールで、そこへ行きその自分仕立てラーメン800円のボタンをタッチ。

ご飯もと思い押そうとすると御飯単品が100円に対して、めし・餃子セット150円と言うボタンがあり餃子が50円ならと、手をスライドさせて即打。

しばし列の後ろに着いて、そう待つ事なく一番左奥の席に案内を受けて着席。用紙を手渡され、そこにペンで希望を記入して行く仕組み。

麺の硬さ・普通、味の濃さ・普通、油加減・あっさり、博多ねぎ・あり、旨み辛だれ・普通、焼豚・あり、性格・ねちねち、才覚・さっぱり、容姿・まったり(遊ばない)、こんな感じでマルを記入して行く。もちろん最後の行は無い。

その後で左側の項に移り、今度は具を4つだけ選ぶ。今回は、味付半熟玉子・きくらげ・豚の角煮・特製メンマにしたが、他に辛子高菜・追加博多ねぎ・有明のり・揚げにんにく等が選べる。

目の前に小型の替え玉オーダー販売機があり、半替玉百円または替玉二百円を投入すると、小型ちょうちんの灯火が点滅し、なおかつ女性の合成音でオーダーが連呼される様になっていた。程なく到着。

要は来たのは、油少なめ辛だれやや多めの特製博多豚骨ラーメンで、それではと口にして行けば、何とも旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。

一般的には口頭で好みを言うのが浸透しているものだが、都会人は私のようにシャイで(おいおい)言うのも面倒くさい。

これはそうした意味で画期的であり、しかも具の選択がゆっくり出来る、と言うのも大きいと思う。

豚骨も関東風で臭みも無く、関東的な楽しみ方が出来る九州豚骨ラーメンで、逆に九州ではどうなんだろうと言う感じだった。

具も特に豚の角煮が良く、煮込んだトロトロ系ではなく、あっさり煮込んだ薄豚バラの厚みのあるものだが、こういう方がラーメン自体の雰囲気を壊さずいいと思う。

餃子はやや小振りながら冷凍ミニもので無く、比較的大きめで餡もしっかりした内容で三個が来て、白いご飯もとても良く、替え玉をこれにしても良いかも。

気が付けば完食。有名人仕立てで、面白い具を乗せるのも、話題になりそう。 いや、結構良かった。

(左フォト) 自分仕立てラーメン/めしセット餃子 (2008.10.24)

     
自分で色々と加減できる豚骨らーめん。 自分仕立ての為の、布石を記入して行く。 替玉はこれにお金を入れればOK。 UDX2階レストラン街にあるラーメン店。




爽やかな青空に青葉が輝く、木曜日のアキバ界隈。千葉・稲毛ワンズモールのラーメン劇場に、一時期だけこちらが出店した時にラーメンを食した事があり、悪くなかったのでまた入店したいと思っていたお店。それまでもが、ランチで楽しめるのだから嬉しい。

自分仕立てがウリの白濁トンコツ主体の中目黒に本店があるお店で、都内に合計で六店舗がある他に、沖縄に二店舗、香港に二店舗とグローバル性も兼ね備えるラーメン店。さらに近々には、大阪・道頓堀にも出店する予定らしい。

そんな訳で入店すると、季節柄もあってか塩ゆずつけ麺の大きいインフォポスターがあった。フォトのその具の多さについ絆され、今日はこれで行こうと言う気になる。券売機でつけ麺とある、それの大盛900円を選んだ。

券売機から立って、左の奥寄り辺りに、案内を受け着席。麺量を確認すると、大盛りで300g程度だそう。オーダーが通った時点でスタンプカードを手渡され、それで次回は半替え玉が無料となるらしい。それを使って次回は、自分仕立て白濁トンコツを楽しみたい所。程なく到着。

おお、麺のツヤが見た目で既に良く、なかなかの麺の艶やかさに目を引かれる。つけ汁は白濁豚骨応用系と言う事でない、あっさりした感じの非白濁仕様。麺だけ口にするとやはりイメージ通りで、小麦粉の良さがよく判るタイプ。よく冷された麺で、その分コシもワンランク上。

それではと、汁に付けて口にすれば、何とその汁はギンギンにこれまたよく冷されており、これからの夏に打ってつけで、麺を啜ればもう旨い旨い旨い旨い旨い。

麺の上のチャーシューは、一度暖めているのか脂が解けており、さすが海外にも店舗を持つグローバル企業のラーメン店だった。

つけ麺は、冷や盛りで麺のコシの真価が十二分に出るが、つけ汁が冷や汁だけに十五分なコシの良さに、麺の細さを感じさせない所が、ニクいつけ麺と言えた。汁はあっさりながらも風味豊かなもの。

気が付けば完食。そんな風に楽しませて貰った後で、最後にスープ割りがあるか確認した所あるそうだが、たまたまスープ割り用のスープを切らしたらしく、今回は駄目だったが普段は用意している様だった。

冷たいつけ汁に冷たい麺だったが、最後の最後に温度差を感じさせる作戦プロデュースだったのか?(おいおい) いや、つけ麺は良かった。

(左フォト) 塩ゆずつけ麺大盛(麺・汁) (2008.06.24)


 ラーメン康竜 秋葉原UDX店 

 住所:東京都千代田区外神田4-14-1AKIBAーICHI2階(秋葉原UDX内)  ※公式サイトはこちら

 定休日:年中無休 営業時間:11:00〜23:00(日曜連休最終日10:00〜22:00

 アクセス:JR山手線他秋葉原駅電気街口下車。秋葉原UDX内レストラン街の2階右寄りにあり。
       秋葉原周辺拉麺MAPはこちら