麺処 糀や 東京・堀切 ※閉店



京成本線堀切菖蒲園駅界隈には、「天照」と「ラーメン大」という二つの人気ラーメン店が営業しており、その経営者は同じ方として知られている。今度はその方がうどん店もオープンさせ昨年の春からは、コシの強い讃岐うどんの麺に、スープは油も入れたラーメンスープと言う、饂麺(うーめん)なるメニューを取り入れて話題を呼んでいる。

気になりながらも、先日は天照に再訪したものの、こちらは未訪問のままであった。そんな訳で、そろそろ行ってみようという気になり、また嫁さんと二人して出掛けて店頭に立った。

店舗外観は一見するとウドン専門店で、店頭メニューインフォも、先頭はうどんメニューが並んでいた。しかし店頭に立つノボリにはラーメンの文字があり、ラーメンメニューが最後の方に並んでいるお店。
そしてそのウドンとラーメンメニューの中間には、先述の饂麺(うーめん)メニューが異彩を放ってその主張をしていた。
何気なくそんなメニューを眺めていると、香川県観音寺市に属する伊吹島の煮干しが味の決め手とあった。ここ最近、煮干し等も無添加と案内する潮流が出来つつあるが、産地でそれが大抵判る事もあり、その事をさりげなく紹介していると言った所か。

そのメニューで何にするか決めてから入店。店内はやや暗く、やや奥まった場所に券売機があり気がつかず、ご指摘を受けて戻り、嫁さんは特得饂麺にして私は特得つけ饂麺で、いくらめしと言うのも見つけ、ついそれもタッチ。
先客ゼロの店内だったが、後続があれよあれよと続き、オーダー品が到着する頃には、店内の席が全て埋まる勢いの盛況な店内でおそるべし。煮干しもそうだが、うどんに使う小麦粉も讃岐がある四国の内麦を使っているこだわりよう。程なく到着。

おお、まさしく讃岐うどんの麺に、油の膜が張ったつけ汁。イメージした通りのもので、やや違和感がありながらも、太麺好きが功を奏して、もう旨い旨い旨い旨い旨い旨い。つけ汁は、確かに煮干し感が一歩リードした良さがあり、さすが天照グループ。麺をカン水麺にしたら、その天照さんと言う感じ。暖かいメニューの特得饂麺に至っては、もうそのまんま宮崎県知事だった(おいおい)。

ウドンの麺が自家製とは言え、機械全自動製麺機という事で、そのコシ加減が気になる所となるものだが、粘度的にも申し分なくそこは内麦の持つ風味も良く、しっとりしつつも許容範囲内のしっかりしたコシがあり、コシの勢いと廉価の優しさがウリのお店とは一線を引くお店と言えた。いくらめしも、粗く削ったワサビの風情も手伝って、とても良かった。気が付けば完食。いやいやいや、旨かった。

(左フォト) 特得つけ饂麺/特得饂麺 (2008.05.18)


 麺処 糀や koujiya ※うどん店ですが、ラーメンもあり。

 住所:東京都葛飾区堀切4-57-15 定休日:無休 営業時間:11:30〜14:30/17:00〜23:00lo

 アクセス:京成電鉄本線堀切菖蒲園駅下車。改札前の通りの横断歩道を渡ってから右へ進んだ
       左側。徒歩およそ1分。


     
改札を出たら、この横断歩道を渡る。 カウンター上にドンブリが飾られている。 旨かったサブメニューのいくらめし。 通り正面には、麺香房天照という立地。


喜劇らーめん食べ歩きTOP