光麺 秋葉原店 東京・秋葉原 ※閉店



まるで時空が歪み、異次元の入口が割れてそこに在る様な、暗い雨雲が空を包む梅雨の東京・秋葉原の火曜日。しかしそれも正午近くには、一時的に陽も射して来た。

池袋に本店があり上野にも支店がある、高級嗜好のイメージで営業しつつもプライスは嬉しい予算で楽しめる、都内に合計9店舗の本格こだわりラーメン店。

上野店で食した事があり、しばらく秋葉原から遠ざかっていたのもあったが、やはりそこはと言う事で、本日はこちらのラーメンを楽しむ事にした。

ヨドバシカメラ秋葉原店8階は、都内有名デパートにあるレストラン街に負けない規模と店名が並ぶエリアで、グルメコートAKIBAと呼ばれている。そんな一角にあるこちらのラーメン店。

中に入ると落ち着いた空間は、シックでありながらモダン。券売機は無いスタイルの後精算方式で、入口そばのカウンター席に案内を受ける。

腰掛けると何と目の前には、10インチ程度の液晶モニターがあり、お店の新メニューや、新着ムービーのインフォメーションが流れており、こんな山手線電車顔負けのインフォを、ラーメン店で見たのは初めてで、既におそるべし。

また11:00〜17:00の間はランチタイムサービスがあり、大盛・味付玉子・小ライス・杏仁豆腐・魔法のプリンのどれかを一品無料だそう。ラーメンは熟成光麺730円にして、サービス品は杏仁豆腐にして、小ライス100円も別にお願いした。

こちらもいわゆる、ライスが欲しくなるお店だった。その基準は今以て自分でも解らず、ただ欲しくなるか、ならないかだけ。厨房の方々は機敏な動きで、そこそこ混んでいる割りに、程なく到着。

久々の光麺のラーメン。スープは豚骨にチーユに近い甘い感じの脂がうま味を誘引した感じで、麺は加水低めのあまり日をおいてない熟成麺と言う風情で、ランチタイムサービス分がおよそ100円引きとすれば730円は630円となり、そうした意味で何とも不思議なお得感を感じるラーメン。もう旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い、いや上手い戦略。

チャーシューも良い味付けで、メンマも美味しく、ご飯もほっくりして良い感じ。サービスの杏仁豆腐は、先出しする事なく絶妙な食後の時間に到着して、よく冷えて美味しく、食べ手の気持ちになっている素晴らしさが随所に見られた。気が付けば完食。いや、美味しくて良かった。

(左フォト) 熟成光麺/店頭メニュー (2008.07.08)


 本格中華麺店 光麺 秋葉原店 (ほんかくちゅうかめんてん こうめん)

 住所:東京都千代田区神田花岡町1-1ヨドバシAKIBA8階

 定休日:年中無休 営業時間:11:00〜23:00

 アクセス:JR山手線他秋葉原駅中央改札口又は昭和通り口下車。駅前のヨドバシカメラ秋葉原店
       8階グルメコートAKIBA秋葉原周辺拉麺MAPはこちら


     
ロングランチタイムサービスで一品無料。   デザートの杏仁豆腐も無料で選べる。   カウンター周りに液晶モニターあり。 ヨドバシカメラ秋葉原店8階のお店。


喜劇らーめん食べ歩きTOP