らーめん食べ歩き 
 ラーメン菊地原真@東京都千代田区・神田※閉店

2005.05 暖簾はいらないが、ちゃんとある。
2005.05 ラーメン「白」大盛+焼豚


アクセス

JR山手線・神田駅から秋葉原方面へガード下右の道をしばらく進み、神田平成通りを越してすぐの右折した程無い右側にあった。
定休日 日曜日
営業時間 11:00〜20:30(金曜〜22:30/土曜〜18:00)


インパクトのある外観だった久留米ラーメンの「まんだら屋」の跡地に、別の本格白濁豚骨ラーメンのお店が営業を開始したらしい。

実はここ最近、我が家のテレビが調子悪く、よし買い替えるかとなった。円満退社で辞めた勤務先の先輩の所へ行き購入。その帰り道に、こちらへ寄って見る事にした。

午前11時10分過ぎに到着すると、既に暖簾が掛かっていて、比較的早い営業開始時間だった。和風スタイルの外観で、外に券売機があり、「黒」とあるマー油入りや塩ラーメンもあったが、ラーメン「白」大盛700円にして、追加トッピングで焼豚200円を買い足し店内へ。

覇気のある「いらっしゃいませっ」の挨拶に迎えられる。さすがにビジネス街にある新店で、この時間だったので先客はゼロ。お陰で店主の菊地原真氏と結構お話しが出来た。「きくち・はらまさ」とお読みするかと思ったら「きくちはら・まこと」さんであった。

用賀にある「柳屋」の関連店らしい。程なく到着。これがやや濃い味付けなものの、説得力のあるスープでなかなか。麺もどっしり感のある博多系。

チャーシューもぶ厚く大満足なラーメンであった。替玉の文字が無い事に気付きお聞きすると、二階にも客席を用意した手前、提供をやめての大盛だそうで、なるほどドンブリが小さく感じたものの、比較的多めな大盛だった。

近くのドトールで一服しながら関連店をケータイで調べると、どうやら大牟田ラーメンと言う事らしい。いや、良かった。

(2005.05.26)


喜劇らーめん食べ歩きTOP