奇珍樓 神奈川・横浜山手





青空からの強い陽射しがもたらした時ならぬ気温に、長袖だと汗さえ滲んで来た11月もそう遠くない10月下旬の休日火曜日だった。

横浜勤務と言う事で、そう言えば一度訪れたこちらにも気軽に行けるとなって早速出掛ける事にした。大正七年創業の遠方からも通う方も随分多いと言う、有名老舗中華店のこちらだ。

そんなわけで横浜まで横須賀線直通電車を利用し、そこから水色のラインが入った京浜東北線電車に乗り換えて山手駅で下車。商店街の一本道を歩いて、2年ぶりのこちらへやって来た。店頭のビニールシートが一新されており、かなり雰囲気が良くなっていた。

扉を開けて中に入れば、開店時間まもない時間ながらほぼ満員の店内で、お店の方に促されたテーブルは偶然にも2年前と同じ位置の席だった。

但しそのテーブルは以前と違って一回り大きく、椅子も一脚でなく二脚並べられており、手持ちバッグをもう一つの椅子の方に置いてから腰を降ろした。

暖かい中国茶が供されて、運んで来られた方に予定通り竹ノ子ソバをお願いした。以前はネギソバだったが、その際にそれにするかこれにするか悩んだメニューだけにすんなりとオーダー出来た。

メニューリストを何げなく裏返すと、一つだけマジックで塗り潰した所があり、近づけて見ると3700円也の鮑のウマニが提供を終えたようだった。程なく到着。

それはそれは風情豊かな、そんな竹ノ子ソバがやって来た。小口切りのネギの散らし方にさえ、アート的な面持ちを感じてしまいそう。

極細の麺が薄い醤油色のスープと竹ノ子の合い間から顔を覗かせており、そんな所にも何処か不思議と良き時代を感じさせるものがあった。

それではと行かせて貰えば、以前と変わらずに胡椒の風味がぴりっと来ながらも、極細麺が実に風合いの良さを際立たせていた。

竹ノ子に甘辛の味付けが成されていて、ピリ辛のスープとのバランスも面白く、思わず渡なべ@高田馬場のメンマをその極太さから思い出してしまった。

麺がほぼ無くなる頃箸を底まで降ろすと、表面にあった竹ノ子以上の数が下に沈んでいて、最後はスープをたしなみながら竹ノ子三昧の最終コーナーとなったがそれ自体とても美味しいものだった。

気がつけば完食。清算して御挨拶してまた山手駅まで戻り、その後一駅だけ戻って石川町駅で下車。少し歩いた場所にある山手イタリア山庭園へ立ち寄った。こちらから歩いて行けない事も無いが、慣れない上に坂道がきつい心配もあって電車を利用した。

先日のレポートでも触れたように、宮崎アニメ映画「コクリコ坂から」に登場するカルチェラタンの参考にされたと言う建物を見る目的だった。園内にはブラフ18番館と外交官の家が夫々あるが、後者の重要文化財にも指定されている方が参考にされたそうだ。

夫々の建物とも建物内に入れる事が出来て、ちょうどハロウィンのデコレーションが各部屋に施されていた。こうして見ると外交官の家とカルチェラタンは、内部が全然違っており外観の一部だけを参考にした感じだった。

気温がかなり上昇していたが見上げた空は高く、秋の雲々のオンパレードの横浜界隈。いや、やはりとんでもなく素晴らしく美味しい竹ノ子ソバだった。つくづく美味。

(左フォト) 竹ノ子ソバ/店頭のガラス窓/店舗外観 (2011.10.25) ※当日次店はこちら


 中国料理 奇珍樓 (きちんろう)

 住所:神奈川県横浜市中区麦田町2-44 定休日:木曜日 

 営業時間:11:30〜15:00/17:00〜21:00(LO20:45) ※日曜祝日中休みなし

 アクセス::JR京浜東北線山手駅下車。改札を出たら駅前バス停の奥にある道路を右折。ガードを
       潜って大和町商栄会通りを突っ切って行き、横浜本牧通りに出たら左折。300m程歩いた
       右側にあり。起伏なく徒歩およそ12分。石川町駅からも徒歩圏内。





山手イタリア山庭園・ブラフ18番館



ブラフ18番館の室内1



ブラフ18番館の室内2



山手イタリア山庭園・外交官の家


外交官の家の室内1


外交官の家の室内2







いつのまにか枯れ葉も多めに地面へ落ちていて、気温もようやく晴れても二十度前後と更なる秋深しとなって来た、十月後半休日の日曜日の午前中であった。

私がまだ二十代の頃の東京近郊の各駅周辺と言えば、たまにあるラーメン店は殆どがチェーン店で、街には多くの中華料理店が建ち並び、コース料理を提供する中国料理店にどこかオーラを感じたものであった。

今でも中華料理店と中国料理店は、店名の冠がどうであろうと何処かで線を引いていて、それは誰しもがそんな風に意識を抱いている筈だと思う。

中華料理店はなんとなく下町の風情に馴染んでいて、油がまみれた厚手の紙に手書きで書かれた料理を、厨房の店主に聞こえるように大声で注文する感じであるし、一方の中国料理店は高級住宅地や高層ビルの最上階等にあって、真っ白で清潔なテーブルクロスの上で、中国語と英語で書いてある料理をメニューから選んで楽しむイメージがあると思う。

そんな中華に対しての思いを描いている内に、そんな中でそのどちらとも言えない未訪店で行きたかったこちらのお店が思い浮かび、出掛ける事にしたそんな日であった。

JRで市川からまた総武・横須賀線電車に乗車。両国に近づく頃何時ものように地下路線へ進入して行く。東京に到着すると半分以上の乗客が下車し、ゆったり四人掛けシートを占有しつつ、電車は品川の手前で地下から抜け出した。

湿度も低く爽やかな晴天の陽光に満ちた大空が広がっていた。横浜で京浜東北線電車に乗り換え石川町を過ぎると、都会を走って来た電車とは思えないトンネルに入り、そこを抜け切る頃速度を落とした電車は山手駅に到着する。

改札を出て前の道を右手へ進んで行くと、長い一本道だが起伏も無くスムーズな道程で、突き当りの大通りを左折してしばらく歩いて行くと店頭が見えて来て到着。何とも言えない風情のある店先で、大正七年創業の90年もの歴史がある、横浜の山手にある中国料理の名店だ。

中へ入って行くと盛況な客席の店内が広がっていた。見ると二つの建物が中で繋がっており、単独入店客を著わす指一本を立てると、奥の建物の方へ案内された。

入店した建物が昭和初期の風情のある佇まいなら、奥は横浜山手の格式のある高級中華レストランと言った雰囲気だった。そこでネギソバに、シュウマイ一皿もオーダー。

六人位着席できる丸テーブルには、白いテーブルクロスが掛けられ、どうやら予約客向けのフロアーらしく、後からそんな感じの方々が案内を受けて入って来た。

相席で腰掛けた私だが相席した方が喫煙と飲酒を始めてしまい、お店の方にさりげなくお詫びして席の移動をお願いすると快く受けて頂き、風情ある佇まいの入店したフロアーにまた移動して着席。

そこは中途半端な場所にあるテーブル席で、一人しか席がないので自分にとってはベストな席であった。程なくシュウマイが来て、小皿に醤油を垂らし洋辛子で口にすれば、まずここで結構な美味しさに舌鼓を打った。

そしてついに来ました待望のネギソバ。それではと行かせて貰えば、もうもうもう、いやいやいやいや、美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い。ここ数年のすこぶる好評さに来て見れば、これは来て大正解な美味しさ。

期待したイメージ以上の美味しさでそんなオーラさえも感じられ、長い月日があろうともその昔と同じ評判にはその変わらない美味しさが伴っているものだと思う。

胡椒のさりげなさとネギのさりげなさが何とも絶妙なバランスで、食紅が付いたチャーシューに遥かな時代と言う名の調味料にさえ、うま味となっていたように思えた気がした。

ところで余談だが、こちらの店名は「奇珍楼」であるが店頭の看板は「奇珍」となっており、 どちらが正しい店名なのか不思議に思った方もおられると思うが、 「樓(楼)」とは二階建て以上の建物や飲食が出来る店舗の事で、そんな奇珍ゆえに奇珍楼となるわけだ。あえて言えば、どちらでも正しい店名と言えた。

また実際のところ中華料理店とも中国料理店とも言えない、こちらのようなお店は国内至る所にあり、夫々が夫々に魅力あるその風情を保って今日も人を惹きつけている。もう気が付けば完食である。いやいやいやいや、良かった美味かった。


(左フォト) ネギソバ/シュウマイ一皿/店舗外観 (2009.10.18)




山手駅から歩くと判り易い。



中華街から離れた、大通り沿いにある名店。



店頭は奇珍だが、店名は奇珍楼。



奥のフロアーは、高級レストラン的な風情。


手前のフロアーは、大衆中華のレトロな風情。


人気メニューばかりの、こちらのメニュー。